スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大沼公園・・・白鳥台セバット

Category : 道南の風景

 年末が近づき何かと忙しい日が続いています。

先日、この忙しい中、函館山と大沼公園へ行ってきました。

函館山へは、エゾリスに出会うことを求めたのですが、まったく気配すら感じられずに2合目から引き返してきました。

すぐに、白鳥を見るため大沼公園に車を走らせました。

大沼は、全面結氷するのですが、ここの白鳥台セバットだけは冬でも凍りません。

オオハクチョウ・マガモがたくさんたくさんいます。

 大沼公園の渡り鳥たち

 

見に来ている人が、お菓子を与え始めました。

すばしっこいマガモが、白鳥が食べようとするエサを横取りしています。

すさまじい動きです。あちらこちらで喧嘩になっているようです。

白鳥はなすすべがありません。

エサに群がるマガモ 

 

オオハクチョウは、親鳥と幼鳥が見られます。

幼鳥は、灰色をしています。

手前は、マガモのオス(右)とメス(左)です。

白鳥の親鳥と幼鳥 

 

ほとんどが、オオハクチョウとマガモなのですが、

時々、キンクロハジロを見かけます。

普段、めったに見ることがないので、気に入りました。

キンクロハジロ 

 

この水場には、カラスもたくさん集まっています。

エサのおこぼれを狙っているようです。

人のすぐ傍にまで近づいてきます。

カラスはどちらかと言うと嫌われ者ですが、色が紺色をしていて、眼もかわいいのです。

カラス 

 

小さなスズメも、おこぼれのえさを探しています。

ほぼ垂直な壁につかまってエサを食べています。

スズメ 

 

スズメと白鳥が、何やら話をしています。

違う鳥どうしは、コミュニケーションが成り立っているのでしょうか?

スズメと白鳥 

 

この白鳥台セバットは、大沼と小沼がつながった狭い場所です。

手前が小沼、鉄橋の奥が大沼になります。

セバット 

 

全面が凍る大沼なのに、何故ここだけ凍らないのか不思議に思っていました。

湧き水でも出ているのかと思っていましたが、看板に説明がありました。

白鳥台セバットの看板 

大沼湖から小沼湖への水の流れがあるために凍らないようです。

しかし、氷点下10度を下回るほどになると、さすがに薄く氷が張るようです。

水が流れているんだと思いながら水を見ていると、何やら水面下でゆらゆらとした動きがあります。

良く見ると鯉の群れです。

体長が数十センチほどもある鯉がたくさん群れているのです。

鯉もこのセバットでは冬眠せずに活動しているようです。

コイの群れ 

 

気温が高かったので、誰かが作った雪だるまが融けていました。

雪だるま 

 

夕暮れが近づいてきて、水面も静かになってきました。

奥の氷の上では、カモ達が休んでいます。

夕暮れ 

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

夕暮れの大沼公園

Category : 道南の風景

 昨日の函館は、最高気温が15.9度でしたが、天気が良く、最高の行楽日和でした。

しかし、2・3日前からの風邪が治らず、昼過ぎまで布団の中でダウンしていました。

夕方近くになって、少し動けるようになってきたので、大沼公園の辺りへドライブに行って見ました。

すでに陽が傾く時間となっていましたが、深まる秋を楽しむことが出来ました。

 水田の稲も刈り取られ、牧草も冬の蓄えが終わっています。

七飯町軍川付近から見た北海道駒ケ岳です。

秋の北海道駒ケ岳 

 

 反対側を向くと、横津岳が見えます。

ちょうどこの山の反対側が函館市になります。 紅葉がかなり進んでいます。

秋の横津岳 

 

大沼の周辺を紅葉を楽しみながら進んでいるうちに、陽が沈んできました。

秋の大沼 

 

 大沼キャンプ場付近に着いたときには、陽が完全に落ちてしまいました。

この時期でも、キャンプをしている人がけっこういました。

夕暮れの大沼湖畔  

夕暮れの大沼湖畔2 

 

 大沼湖畔を一周して、ナナフシのエサを採集し、最後に七飯町駒見からの駒ケ岳を見に行きました。

夕暮れの北海道駒ケ岳 

 着いたときには、辺りは真っ暗になってしまいました。

この時期まで来ると、さすがに昆虫の姿は見当たりませんでした。

 

 楽天イーグルスの野村監督の胴上げを見ていると、涙が・・・

早く、風邪を治さなければ。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

駒ケ岳と円沼

Category : 道南の風景

 昨日のシラキトビナナフシ探しの途中で、北海道の駒ケ岳が目に入ってきました。

普通は大沼を入れて写すところですが、ナナフシ探しの途中だったので、森町の赤井川方向から写したものです。

夏というよりは、秋晴れという感じの天気でした。

駒ケ岳 

 

この後も、ナナフシを探しながら大沼のほうに近づいていきました。

大沼に出る途中には、小さな円沼(まるぬま)があります。

観光地の大沼とは対照的に、ほとんど訪れる人もいない静かな沼で、ウシガエルの天下になっています。

円沼 

 

風が強い日だったのですが、水面が鏡のように空を映していました。

円沼 

この沼では、ウシガエルやヌマエビ、フナなどの水生動物が観察できます。

時期になるとカモや白鳥もたくさん見られます。

ゆったりとした自然の中で心も体もリフレッシュできた一日でした。

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。