スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマミナナフシの孵化

Category : アマミナナフシ

気がつけば「スポンサーサイト」が表示されています。

1月17日の漁火光柱からまったく更新できないで(しないで)2ヶ月近くが過ぎてしまいました。

この間、特に理由があるわけではないのですが、どうにも更新することが出来ませんでした。

雪景色もイルミネーションも昆虫も・・・ほとんど写していませんでした。

昨日、飼育しているアマミナナフシの産んだ卵が孵化しているのに気づきました。

小さな初令幼虫を見ていると、無性にブログを書きたくなりだしました。

そんな些細なきっかけで本日復活です。

更新していないのに、いつも訪問してくれていた方々には感謝しています。

12月中旬から産卵されたアマミナナフシの卵です。

アマミナナフシの卵 

昨日9日に孵化したアマミ2世の第1号です。

体長は十数ミリしかありません。

外にはエサがないので、ミニバラを与えて見ました。

アマミナナフシの初令 

 

プリンカップから飼育ケースに移すとすぐに枝についた水を飲み始めました。

水を飲むアマミナナフシ 

これからも気長に更新していきますので、よろしく・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アマミナナフシの孵化と脱皮

Category : アマミナナフシ

 秋も深まってきました。

 シラキトビナナフシがミズナラの林で見ることが出来なくなり、飼育中のシラキトビナナフシもほとんどが亡くなり4頭だけとなってしまいました。

 もうすぐ雪が降るかもしれないこの時期に、沖縄産のアマミナナフシが孵化してきました。

アマミ8号です。

サソリのようなポーズをとっています。

アマミ8号の孵化 

 

 今日、そろそろ寝ようと思ったところ(午前1時40分頃)、アマミ1号が4令に脱皮している最中でした。

すでに殻から出ていましたが、すぐそばには脱皮殻が残っています。

アマミ1号の脱皮 

とにかく細いというのが特徴です。

アマミ1号の脱皮 

写真を写している間、ゆらゆらと体を揺すっていたのですが、突然ぽとりと下に落ちてしまいました。

すぐに飼育ケースの側面に登ってきてじっとしていました。

 

 先日作った自作マクロレンズをいろいろ試して見ました。

地面を歩いていた2ミリくらいの小さな虫です。今までは写してもボケていたのですが、何とか見ることが出来ます。

小さな虫 

 

こちらは5ミリほどの虫ですが、形がはっきりと写っています。しかし、焦点が合っているのが一部分なので全体にあわせることが課題です。

また、虫が動いていたり、手が震えたりするとボケてまったく写真になりません。

なかなかうまくいきません。

5ミリほどの虫 

 

ガガンボの仲間とタンポポです。

結構大きく写せるので細部の観察が出来そうです。

やはりピントの合い方がうまくいきません。

ガガンボの仲間 

 

コケの仲間を写してみました。

もう少しうまく撮れば使い物になりそうです。

コケの一種 

 

 最近、より鮮明になるよう画像処理を試しています。

アメリカの画像処理ソフトをダウンロードしてみましたが、英語ばかりで使い方がよくわかりません。

何とかやってみたのが次の画像です。

枯葉とフキバッタです。

フキバッタ 

自作マクロ+画像処理です。

元の写真がボケているのでこのくらいが限界のようです。

細かな部分の観察には使えそうです。

 

シラキトビナナフシの卵も自作マクロ+画像処理をやってみました。

こちらはかなり細かな部分まで写っていました。

卵の長径が2ミリくらいですから使い物になりそうです。

シラキトビナナフシの卵 

参考に先日の自作マクロレンズだけのものを再度載せて見ます。

自作接写レンズ使用 

明らかにぼやっとした感じがなくなっています。

さらに拡大するレンズも作ったのですが、像が荒くて使い物になっていません。

きちんとした道具から見ればおもちゃのようですが、いろいろ考えながら改良していく楽しみもありそうです。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

アマミナナフシが仲間入り

Category : アマミナナフシ

 気がつくと9月も半ばです。忙しくて忙しくて更新も訪問も出来ないできました。

仕事と会議と出張と一日が24時間では足りない状態になってます。

2週間ほど前から、風邪状態がだらだらと続いています。ゆっくりと休めるときがないので、なかなか治りません。大事にならないよう騙し騙し生活しています。

それでも、わずかの時間にシラキトビナナフシの野外観察を行い、エサ変えなどの世話をしています。

そんな状態のうちに季節はすっかり秋になっていました。

秋の夕暮れ 

 

そんな忙しい中、我家に新しい仲間が誕生しました。

沖縄産のアマミナナフシの初令幼虫です。

アマミナナフシの初令幼虫 

旭山動物園で有名な旭川市の隣の当麻町の方からアマミナナフシの卵をいただきました。

送られてきてすぐに2頭が孵化し元気にエサを食べています。

驚くと体を左右にゆらゆらさせます。

キイチゴ類の葉とカエデ類の葉を与えています。

今年は灯油高のため暖房も節約予定なので、冬場の寒さをしのげるのか心配です。

 

野外ではシラキトビナナフシが元気に卵を産んでいます。

シラキトビナナフシ 

日中の気温は25度前後まで上がっていますが、朝晩は15度前後まで下がっています。

ミズナラの葉が紅葉し始めるとシラキたちのエサがなくなってしまいます。

あと半月ほどでシラキたちの季節も終わりになりそうです。

 

昨日も札幌出張でしたが、来週の土日も札幌出張です。

しばらく忙しい状態は変わらないと思います。

出来るだけ更新ができるようブログの書き方も考えたいと思っています。

 

 

        気がつくとランキングがどこにあるのか分からないくらいに下がっていました。

 ブログランキングに参加してます。  よろしくお願いします。

         

  

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。