スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孵化は続く!

Category : ナナフシ
 春らしい日が続いています。

気温が上がった影響で保管中のナナフシの卵が次々と孵化しています。

しかし、野外のブナ・コナラ・ミズナラなど食草の芽吹きはまだまだ先の話です。(エサ不足)

すでに、4種類のナナフシが孵化していましたが、さらに2種類が孵化してきました。

5種類目です。

4月15日にはエダナナフシが2頭孵化しました。

エダナナフシ 

この卵は2010年9月に採卵したもので、2回越冬後に孵化してきました。
保管状態も悪く、孵化しないと思っていたのに・・・。

エダナナフシの卵 

6種類目です。

2011年6月に採卵したヤスマツトビナナフシの孵化も始まりました。

ヤスマツトビナナフシ 

シラキトビナナフシにそっくりですが、比べると違います。

こちらは横津岳産のシラキトビナナフシです。
シラキトビナナフシ(横津岳産) 

ヤスマツトビナナフシの卵は宝石のような感じがします。
ヤスマツトビナナフシの卵 

孵化の時期が一番楽しいときです。

あとは早くエサの植物が芽吹くのを待つだけです!!!
スポンサーサイト

孵化ラッシュ

Category : ナナフシ
 久しぶりの天気です。
昨日まで吹雪になったり、晴れたりを繰り返して、なかなか春になりきれていません。

飼育中のナナフシが孵化のラッシュを迎えています。

4月5日には、一度に4種類のナナフシ(Pylaemenes guangxiensis , Micadina fagi , Neohirasea japonica , Sipyloidea sipylus)が孵化してきました。

1番目は、一番のお気に入りのシラキトビナナフシ(Micadina fagi )です。
シラキトビナナフシの初令 

孵化に気が付いたのが4月5日だったのですが、すでに3月下旬から孵化が始まっていたようで、多くのシラキトビナナフシが死亡していました。
今年の異常な寒さで、孵化の予想を誤っていました。
シラキトビナナフシの初令 

今回孵化しているのは、2010年の秋に産卵されたものです。
1回越冬後の2011年4月に1度孵化があり、残った卵が2回越冬後の2012年4月に孵化しているのです。
シラキトビナナフシの孵化には2種類確認できています。
1回越冬後に孵化する卵。
2回越冬後に孵化する卵。 です。
シラキトビナナフシの初令 


2番目は、コブナナフシ(Pylaemenes guangxiensis )です。
こちらは、南国産なので越冬はしません。
室温(25℃前後)で保管したまま放置しておくと、2ケ月半から3・4ケ月くらいで孵化してきます。
非常に長生きなナナフシで、親は2009年12月に孵化し、2010年11月から産卵を始めて、2012年4月現在も産卵を続けています。

コブナナフシの初令 

3番目はトゲナナフシ(Neohirasea japonica )です。以前の記事でも紹介しています。
現在でも孵化が続いています。
トゲナナフシの孵化も興味があります。
越冬なしで孵化するもの。
1回越冬で孵化するもの。
2回越冬でふかするもの。 です。
トゲナナフシの初令 

4番目は、タイワントビナナフシ(Sipyloidea sipylus)です。こちらも以前の記事で紹介しています。
これも越冬なしで孵化します。
成長サイクルが非常に早く、2から3ケ月で成虫になり産卵を始め、2から3ケ月で孵化が始まります。
タイワントビナナフシの初令 

たくさんのナナフシが孵化してくるのですが、一番の悩みは、エサの葉がまだ開いていないことです。
早くてあと1か月たたないと葉を開きません。
エサを何とかしなければ・・・

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

気がつくと春

Category : ナナフシ
 東日本大震災により、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。被災された方々に対して心よりお見舞い申し上げます。



 2011年3月10日・・・・気がつくと春がやってきています・・・・



クジャクチョウ 





この間、たくさんのナナフシが孵化したり、成長したりしていました。





トゲナナフシ

1月から3月まで約900頭ほどが孵化していました。現在は56ミリほどにまで成長しています。



トゲナナフシ 





ヤスマツトビナナフシ

4月1日から13日までに12頭が孵化しました。現在は体長約22ミリになっています。

この卵は、2009年秋に産卵したものなので、2回目の冬を経験しての孵化になります。



ヤスマツトビナナフシの初令 





シラキトビナナフシ

シラキトビナナフシは、2008年卵・2009年卵・2010年卵が孵化しています。



シラキトビナナフシの孵化 



コブナナフシ

4月19日からはコブナナフシも孵化を開始しました。

親が現在も産卵を続けているので、2世代が同居している状態になっています。



コブナナフシの孵化 



この他にも、アマミナナフシ・タイワントビナナフシなどが元気にしています。




テーマ : 生き物
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。