スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゲナナフシの孵化

Category : トゲナナフシ
昨日は雨が降ったかと思えば、今日は大雪になっていました。
最近はめまぐるしく天気が変化しています。

昨日、北側の窓枠に保管していたナナフシの卵を確認したところ、昨年の8月下旬から9月下旬に産卵されたトゲナナフシの卵が孵化していました。

この卵の親のトゲナナフシたちは、ちょうど最後の個体が先日死亡したばかりでした。

トゲナナフシの孵化 

しかし、保管状態が悪く、乾燥していたために16頭の孵化のうち、卵殻から脱出できずに死亡していたものが9頭も出てしまいました。無事に脱出していたのは2頭のみで、残りの5頭は卵殻を肢に付けたままです。

トゲナナフシの孵化 

トゲナナフシの孵化 

乾燥が激しいと、体や肢が脱出する前に乾いてへばりついてしまうようです。

トゲナナフシの孵化(失敗) 

エサはマサキを食べるのですが、初令には少し堅すぎるようなので、シシガシラを与えることにしました。

しかし、あいにく今日は吹雪で山の方は10cm以上も雪が積もっています。仕事帰りに完全装備で雪を掘り返してシシガシラを見つけて採集してきました。


スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

トゲナナフシの異常卵(Neohirasea japonica)

Category : トゲナナフシ
トゲナナフシの異常卵(Neohirasea japonica)

2013年1月26日に採集した435個の卵の中に、異常に小さな卵を6個見つけました。

トゲナナフシの異常卵 

画像には5個写っています。
普通の卵は約2ミリ(画面下)、小さい卵は1ミリ~1.5ミリほどです。
卵蓋や精孔板は揃っているのですが、大きさが非常に小さいです。

親は昨年8月に産卵を開始した成虫のグループです。17頭の成虫のうち7頭が死亡していたので、おそらく死亡直前の卵です。
トゲナナフシの卵

以前、シラキトビナナフシで様々な異常卵を見つけましたが、トゲナナフシでは初めてです。



トゲナナフシの産卵

Category : トゲナナフシ

 猛烈な暑さが続いていますが、今日は少し暑さが和らいでいます。
気がつくとしばらくぶりの更新です。

 この猛暑の中、何とか生き抜いたナナフシたちが産卵の時期を迎えています。

今日はトゲナナフシの様子から・・・ 

これらのトゲナナフシは今年の春に保管していた卵から孵化したものです。

トゲナナフシの成虫(メス) 

成虫になるとほとんど茶色になりますが、中にはうっすらと緑が残る場合もあります。

トゲナナフシの成虫(メス) 


トゲナナフシはメスだけで単為生殖を行います。オスが発見されるのは非常にまれで、ほんの数例しかありません。

トゲナナフシの成虫(メス) 

今の時期から雪が降る頃まで産卵を続けます。
飼育下では年を越す個体もあります。(本州では野外でも)

トゲナナフシの卵 

これらの卵は、冬の寒さを経験したあとで孵化してきます。

今のところ、飼育下では、1回の越冬後に孵化してくる場合と2回の越冬後に孵化してくる場合があります。

また、ストーブをつけた室内で保管し続けると越冬なしで孵化する場合もあります。

なかなか不思議な生き物です。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。