スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの巣

Category : 野鳥

 またしても久しぶりの更新です。

この間、山へ行ったり、札幌や洞爺湖へ行ったり、昆虫や風景などたくさんの写真を撮っていたのですが、更新にはつながりませんでした。

【あれやこれや、気になることだらけで・・・・、普通ならストレスで押しつぶれているところなのかも・・・。】

再開の初めは、先日、7月5日の写真です。

檜山郡厚沢部町木間内のコンビニの軒先に作られていたツバメの巣です。

ここのツバメの巣は、数年前にオオクワガタ採集の度に立ち寄ってかわいい雛を見ていた時と同じ場所にあります。

ツバメの巣 

 

 今回もかわいい雛がいると思ってカメラを向けたところ、何だか体が大きいし、1羽しか見えません。

目がよくないので、「雛なのかなぁ~」と思いながら写し続けていましたが、親鳥のほうでした。

姿が見えませんが、雛達は、親鳥の下でピーピーとないていました。

巣の下には、ビニールが張られています。

おそらく、巣が崩れたりしないよう、お店の人が囲ってくれてるのだと思います。

ツバメの巣 

 

時々、親鳥が交代して巣を守っています。

カメラを向け続けていると、こちらをじっと見つめるときもあります。

ツバメの巣 

かわいいツバメをきっかけに、ブログの更新を頑張ってみようと思います。

これからもよろしく。

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモの夫婦

Category : 野鳥

 今日の函館は、朝から雨が降ったり止んだりの肌寒い天気でした。それでも、最高気温8度、最低気温3.4度と、冬に逆戻りすることはなくなりました。
 街のいたるところに花が見られるようになり、早くも小さな目立たない花は忘れられています。

 今日は、3月30日にエゾヒキガエルを探しに行ったとき、出会ったものを載せます。

 函館の湯の川トラピストのそばにある池を見に行ったのですが、大きなコイが泳いでいてカエルの気配がありませんでした。池のすぐそばにあったコケが良く見るととてもきれいに輝いていました。

コケの輝き

 こちらは函館の見晴公園にあるホタル池です。エゾヒキガエルはいませんでしたが、代わりにいたのが、カルガモのつがいでした。冬の間は、群れになっていましたが、お気に入りの相手を見つけてこの池に新居を構えたと思います。

 しかし、オスとメスが仲良く一緒にいたわけではありません。

カルガモのメス

 オスのほうはいじけている様子です。メスはかまってられないという感じで悠然としています。

カルガモの夫婦

 このあとメスは、食事に大忙しです。色気より食い気というところでしょうか。

目が少し怖いです。

カルガモの食事

 カルガモたちは、人間がこんなことを考えているとき、いつもどおりの生活を送っていただけかもしれませんが・・・。

 ふと見ると池の柵の上をせわしなく動き回るものがいました。よく見るとカワゲラのようです。とにかく動き回り写真に写せません。パタパタと飛んで遊歩道に下りたところでようやく一枚。

オナシカワゲラの一種

 調べてみるとオナシカワゲラの一種のようです。(詳しい名前が分かりませんので間違っているかもしれません。)

 さらに、柵にはクモの巣が張っています。クモは大嫌いですが、今期初のクモの巣と思って一枚写しました。しかし、よく見るとクモの巣がぼろぼろです。今期初でなく、冬を越した巣のようです。

クモの巣

 クモがいないことが分かると一安心。クモがいると思って見るのと、いないと思って見るのでは気持ちがぜんぜん違います。

 地面にたくさんいるクモには困っています。立っているだけで足の辺りがもぞもぞしてきます。

 

 ブログランキングに参加してます。  よろしくお願いします。

         

  

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

春の川~カルガモ

Category : 野鳥

 このところ函館は、小雨まじりの曇り空が続いています。

それでも、春がいよいよ近づいていることを感じさせる気温になっています。

最高気温が8度前後、最低気温が3度前後、日も長くなってきました。

 昨日、買い物に行ったとき、カメラ片手に松倉川の岸辺を散歩してきました。

松倉川

 この松倉川は、袴腰岳(1108m)を源流とする約24kmの清流で、湯の川温泉を通って津軽海峡に注いでいます。保護水域なので、魚も豊富で、上流部にはイワナやヤマメが群れているくらいです。

 

 岸辺は、枯れたカヤなどが残っていますが、ネコヤナギがまぶしいくらいに咲き乱れていました。

ネコヤナギ

 このネコヤナギも、柳の木の種類によって、ふさふさの大きさや、つきかたもさまざまあり、見ていて飽きません。

 

 岸辺には、カルガモの群れがゆったりと川の中を泳いでいました。

カルガモの群れ

 寒い冬も終わり、春を迎えて、2羽で仲良く泳いでいる姿が目に付きました。

カルガモのつがい

 岸辺を散歩していると、草むらには、小さな花のつぼみがあったり、小さな虫がいたり、春の雰囲気を味わうことができました。

 夕方になり小雨も降ってきたので、戻ってきてカルガモを見ると、2羽で仲良く毛づくろいを始めています。

カルガモの毛づくろい

 しばらくすると、あちらこちらで、2羽で仲良く首を羽の中に入れて眠りについていました。

川の流れに流されないように、水の中のネコヤナギの枝につかまって寝ています。

カルガモの眠り1

 こちらでは、岸辺の近くで寝ています。

カルガモの眠り2

 桜の木は、まだまだ花を咲かせる気配すらありませんが、確実に本格的な春が近づいています。

 

 ブログランキングに参加してます。  よろしくお願いします。

         

  

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。