スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館山登山

Category : 函館の風景

 函館は、今日も雨が降りました。

昨日、久しぶりに晴れの夏らしい天気になりました。

夕方から、函館山に登ってみました。函館山に登るのは十年ぶりくらいになります。

登山口入口の看板とパンフレットを見ながら、約50分で登れる「旧山道コース」を選びました。

函館山登山口の看板 

 

 登山道は良く整備されていますが、連日の雨続きでぐちゃぐちゃしています。

大きな杉の木の間をどんどん歩いていきます。

空気がひんやりして気持ちがいいです。

杉の林 

 

 途中で、虫が気になってなかなか先に進んでいきません。

途中には、野鳥観察小屋も作られています。のぞき窓から見てみると、こんな感じです。

野鳥観察小屋 

 

ゆっくりゆっくり登って行って、初めて見える景色です。3分の2くらいまで登ってきました。

途中の景色 

 

 山頂までわずかのところまできました。

後を振り返ると、ガスが出てきています。一瞬、帰りのことを考えると不安になってきました。

函館山のガス 

 

 ようやく頂上に着きました。4時に出発して、5時20分に到着なので、1時間20分もかかっています。

普通は、50分で登れるので、虫を見ながら歩いたので時間がかかっています。

函館山の頂上は、観光地なので、ロープーウェイで登ってきた観光客がたくさんいました。

360度の景色が楽しめるので、登ってきた甲斐があります。

定番の函館全景です。

函館全景 

 

大森浜と汐首岬方向です。湯の川温泉のある方角です。

大森浜方向 

 

函館湾の方向には、函館ドックが見えています。函館ドックにあった赤と白の巨大なクレーンが無くなっています。

函館ドック方向 

 

ハリストス教会などもはっきりと見ることが出来ます。

ハリストス教会 

 

函館山ロープーウェイが、麓に向かって出発しました。

歩いて登ると50分ほどですが、ロープーウェイだとわずか3分です。

函館山ロープーウェイ 

 

ロープーウェイが行ったところで、下山することにしました。

津軽海峡の方向には、きれいな青空が広がっています。

雲が秋のような感じです。

津軽海峡の方向 

久しぶりの函館山登山は、日ごろの運動不足解消には最高でした。

今度は、別の登山コースに挑戦です。

 

 

 

 

スポンサーサイト

雨降りとカエル

Category : 両生類

 最近は、雨降りが続いています。

雨が降らなくても、曇り空の毎日です。

日食の時も、まったく太陽を見ることが出来ずに終わっています。

西の地方では、大雨のため大変なことになっているようです。

有珠山噴火のとき避難所生活を送っていましたが、多くの人々が精神的にも体力的にも大変でした。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

 

 先日(23日)、函館山の麓にある函館八幡宮へ行って見ました。

エゾヒキガエルのいた池に行って見ると、小さな小さなエゾヒキガエルの子ガエルがたくさんいました。

エゾヒキガエル(子ガエル) 

 

周りのコケと比べても、とても小さいことがわかります。

エゾヒキガエル(子ガエル) 

 

以前見た親ガエルは、巨大だったのですが、1センチほどしかありません。

ケヤキハフクロフシ(虫こぶ)の大きさと比べても小さいのがわかります。

エゾヒキガエルと虫こぶ 

 

次の日(24日)には、ナナフシのエサを採りにいきました。

水田の脇の草むらを歩いていると、小さなアマガエルがピョンピョン飛び出してきます。

まだ、おたまじゃくしの時の尾がわずかについています。

アマガエル(子ガエル) 

アマガエルの子ガエルは、エゾヒキガエルの子ガエルよりは一回り大きいです。

アマガエル(子ガエル) 

 

子ガエルたちには嬉しい天気かも知れませんが、そろそろ夏の青空が見たいものです。

テーマ : 生き物
ジャンル : 写真

セミの幼虫

Category : 昆虫

 またしても久しぶりの更新です。

最近は、雨が降ったり止んだりの天気が続いています。

土曜・日曜は、ほとんどが雨にぶつかっています。

仕事のある平日は晴れているのに、せっかくの休みが雨でナナフシや昆虫観察が思うようにいきません。

 先日、17日の夕方、今にも雨が降りそうな暗い林の中で、セミの幼虫が穴から出てくるところを見つけました。

セミの幼虫 

 

セミの名前はわかりませんが、おそらくエゾゼミではないかと思います。

この後、30分くらいしてから見てみると、いよいよ穴から這い出そうとしていました。

セミの幼虫2 

しばらく待っても出てこないので、そのままにして帰宅しました。

この日の夜から、大雨になり、一晩中降り続けていました。

 

次の日、昼に同じ場所へ行って見ると、ミズナラの幹の低いところに、この幼虫が止まっていました。

セミの幼虫3 

17日に穴から出たと思われるのに、18日の昼になっても羽化していませんでした。

大雨で夜中に羽化するのをやめたのか、それとも、うまく羽化できない状況なのか、気になりました。

何年も地中で成長し、ようやく羽化の時期を迎えて、うまくいかなかったら・・・。

何だか複雑な気持ちになって帰ってきました。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。