スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシとオオヨモギハムシ

Category : シラキトビナナフシ
 今日は、最高気温が26度を越える暑い日になりました。

先日、20日(日曜日)にシラキトビナナフシとオオヨモギハムシに出会いました。

20日(父の日)は、久しぶりに一人で山奥へ探索に出かけました。
山に入ってすぐに、シラキトビナナフシを探しましたが、初令か2令の時期なのでなかなか見つかるものでありません。
エサ用のクリの葉を採っていると、切ったクリの枝にシラキトビナナフシの2令がついていました。
シラキトビナナフシの2令幼虫 


シラキトビナナフシを採集して、降水確率100%でしたが、林道をどんどん登って行きました。
小雨は降り始めていましたが、それ以上に霧で視界が遮られます。
霧の林道 

標高は、数百㍍位にまで達しています。
真昼なのに、ライトを付けてフォグランプまで付けています。
林道を横切る渓流の上流と下流です。
見るからにイワナでも出てきそうです。
それ以上にヒグマが出てきそうで、車から出られません。
霧の渓流 

川の中に車ごと入っています。
大雨になったら渡れなくなりそうです。
霧の渓流 

林道の行き止まりまで入り込みましたが、夕方になってきたので、引き返すことにしました。
帰り道では、アキタブキがたくさんなっているので、オオヨモギハムシを探してみました。

すぐに、ペアのオオヨモギハムシ(の仲間)を発見です。
オスは、青緑色。
メスは、赤紫色。
いづれも金属光沢があり、とても綺麗です。
オオヨモギハムシのペア 

ガガイモの件があったので、ガガイモでの飼育用に採集してきました。
その後も、アキタブキからは追加個体が得られます。
青緑色のオスです。
オオヨモギハムシ 

ガガイモもあったのですが、オオヨモギハムシは付いてすらいませんでした。
車の中から見て探しただけですが、(とにかくヒグマが怖いのです・・・)
合計で、6頭のオオヨモギハムシを採集出来ました。

帰って来てから、ガガイモでのオオヨモギハムシ飼育を開始しました。
ガガイモを食べたかどうかは、次のお楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ガガイモとオオヨモギハムシの仲間

Category : 昆虫

 今日は、久しぶりの雨降りでした。
午前3時頃に19度あった気温が、雨とともに午後6時には13度にまで下がっています。
先週までの異常とも言える忙しさが少しは解消されつつあります。

今までに撮り貯めていたものをアップしていきます。
今日は、6月5日の山菜採りで出会ったオオヨモギハムシの仲間です。

この日見たオオヨモギハムシの仲間は、ガガイモの茎についていました。
オオヨモギハムシの仲間とガガイモ 



腹部先端に三角状の突起が見られるので、オオヨモギハムシの仲間のメスです。
体色は、青紫色をしています。
オオヨモギハムシの仲間 


ガガイモの茎に口をつけていたのですが、ガガイモを食べているのかどうかまでは確認できませんでした。
オオヨモギハムシの仲間 

オオヨモギハムシの仲間 


この場所は、函館市の臼尻から湯川へ続く大船林道の標高約500メートルほどの場所です。
ワラビやタケノコを採っている時に見つけました。
オオヨモギハムシの仲間の生息場所 

写真では明るく見えますが、夕方5時半を過ぎ、陽の当たらない場所は薄暗くなりかかってきた頃です。
オオヨモギハムシを持ち帰ろうと思いガガイモの茎ごと採集して移動した途端に下にポロッと落ちてしまいました。
探し回りましたが、見つからず、ガガイモを食しているのか?たまたまついていたのか?判断は持ち越しとなりました。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

ニホントビナナフシの孵化!

Category : ニホントビナナフシ
 オオムラサキ(の看板)を撮影!?

オオムラサキの看板 

6月12日(土)に札幌へ出張で出かけました。
夕方には仕事が終わったので、ヨサコイソーラン祭りを横目に、大急ぎでオオムラサキの幼虫撮影に向かいました。
来ては見たものの、気がつくと、オオムラサキがどこにいるのか知らないことに気づきました。
エゾエノキの木も良くわかっていません。
どこをどのように探せばいいのかすら考えずに、写すぞ写すぞとばかり考えていたのです。
まったく基礎工事(下調べ)をしていないことに気づきました。(遅すぎるような気がします・・・)
橋の欄干についていた「オオムラサキ」を写して、250キロの道のりを帰ってきました・・・・。
次回こそは・・・・



ニホントビナナフシが孵化しています!!!

昨年の10月6日に回収したニホントビナナフシの卵が、無事に孵化してきました。
6月10日に第1号が孵化し、11日に第2号、12日には第3号、第4号が孵化しています。

孵化した個体は、体長が約10ミリほどで、黄色に赤茶色の模様が付いています。
シラキトビナナフシは、黄緑色に黒い模様なので、はっきりと区別が付きます。

ニホントビナナフシの孵化 


 シラキトビナナフシの卵と同じ場所で保管していたのですが、シラキトビナナフシが4月1日から孵化を開始し、5月上旬で孵化を終えていたこと、野外でのシラキトビナナフシも5月下旬には発生を開始していたこと、などを考えてニホントビナナフシの孵化は失敗したと思っていたところでした。
一度は、あきらめていただけに、孵化した個体を発見した時は、非常に感激しました。

ニホントビナナフシの孵化 


 ニホントビナナフシの生息域は、本州の関東以南になるので、冬場の寒さは必要なかったようです。
保管場所は北側の窓付近なので、冬期間は約5度くらいにまで温度が下がる場所です。
シラキトビナナフシの卵の越冬場所として十分なので、ニホントビナナフシにとっては気温が低すぎたようです。
しかし、ニホントビナナフシの卵が、5度前後の低温でも孵化できることがわかりました。

何とか無事に育って欲しいものです。

先週の1週間は、地獄のような仕事ラッシュでした。最後のとどめに札幌日帰り出張です。
今週は、少しばかり余裕がありそうなので、ブログやHPの整理をしようと思っているのですが・・・・

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。