スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの成虫

Category : シラキトビナナフシ

 今日の函館も最高気温が30度を超え、異常な暑さが続いています。
夜には、夏祭りの最後を飾る、第45回はこだて湯の川温泉いさり火まつりの花火大会がありました。
夕食後に出かけたのですが、一番良く見える場所にたどり着いたときには、終了5分前でした。
帰りは、人の波と車の波に飲み込まれて、やっとの思いで帰ってきたところです。

 この暑さが続く中、飼育中のシラキトビナナフシは全て暑さのために死亡してしまったのですが、野外のシラキトビナナフシが成虫になった頃なので気になって山へ出かけてみました。

 昨日は、赤川林道の入口へナナフシのエサを採集に出かけたのですが、わずか30分ほどで、シラキトビナナフシの成虫を4頭も見つけることが出来ました。
8月に入ってから、ナナフシにしばらくお目にかかっていなかったので、暑さでやられたのかと心配になっていましたが、無事に成虫になっている姿を見て一安心です。

 本日は、ナナフシ観察の本拠地の様子を見に行ってきました。
気温が30度直前だったのですが、林に入って直ぐにシラキトビナナフシの成虫を発見でき、暑さもどこかに飛んでいきました。

 ミズナラ葉上のシラキトビナナフシ成虫です。
腹部が膨らんでいるので産卵体制に入っているようです。
シラキトビナナフシの成虫 

シラキトビナナフシの成虫は、次々と見つかります。
コナラの木を叩くと落下してきたのが、この個体です。
トビナナフシと言いますが、空を飛ぶことは出来ません。
落下するときに羽根を広げるくらいで、ポトリと下に落ちます。
シラキトビナナフシの成虫 

成虫になったシラキトビナナフシは、ミズナラ・コナラから降りて、笹やキイチゴなどの下草の上でも発見することが出来ます。
こちらは、笹の葉上のシラキトビナナフシです。
笹の葉上のシラキトビナナフシ 

こちらは、キイチゴの葉上に静止しています。
キイチゴの葉上のシラキトビナナフシ 

この他、ツユクサ、オオハナウドなどの葉上でも採集することが出来ました。

最終的には、1時間ほどで10頭を採集できました。

ちょうど、ケースを持ってくるのをわすれたので、コンビニの袋に採集個体を入れてきたのですが、駐車場の車の中が蒸し風呂状態で、クーラーをかけながら走ったのですが、わずか10数分の道のりのうちに10頭中7頭が死亡してしまいました。
シラキトビナナフシは、暑さにはかなり弱いようです。

こんな事なら連れてこなければ良かったと後悔しているところです。
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

最高気温33度

Category : 自然の姿~夏
 久しぶりの更新です。
最近の暑さのせいで、野外観察などの虫活動が休止状態になっています。
毎日、毎日、暑い日が続いて、腕には汗疹ができてしまいました。
今日の暑さは、さらに格別でした。
夜中から暑くて寝付かず、外が明るくなってきたかどうかの辺りで、眠りについたような気がしました。
しかし、午前6時半には、暑さで目がさめてしまいました。
その後、気温はどんどん上がっていきます。
まさにうなぎのぼり状態です。
午後2時頃には、今季最高の33.0度を記録したようです。
この気温は、函館気象台の最高気温ベスト4に相当します。
33.6度がベスト1ですから、いかに高いかです。

室内は、当然、冷房など無く、軽く35度を超えています。
一番困ったのは、飼育中のナナフシたちです。
飼育ケースの中は、蒸し風呂状態です。
35度の室内で、蓋を開けてみると、もわっと熱気がケース内から出てくるのですから、
中の温度は40度近いと思います。
熱帯産のナナフシは、何とか持ちこたえていますが、
北海道産のシラキトビナナフシが次々に死亡していきます。
成虫は、かろうじて持ちこたえていますが、6令幼虫が死んでしまいました。
この気温が続くと、飼育ナナフシは大ダメージです。

最近は、この暑さで、山へ入っていません。
7月31日にナナフシのエサを採りに行った時に林道で出会った昆虫です。

ミヤマクワガタのメスが、とことこと歩いていました。
足を突っ張って固まっているところが何とも言えません。
ミヤマクワガタのメス 

次に出てきたのは、キタクロオサムシです。
こちらは、素早く動きまわるので、手でつかんでタッパーに入れてから撮影です。
持ち帰ってきましたが、タッパーを開けた時の匂いは強烈でした。
キタクロオサムシ 

標高370メートル付近では、オオヨモギハムシのペアがアキタブキに付いていました。
すぐそばにも、もう1ペアいたので、4頭を採集してきました。
アキタブキは、穴だらけで、まさに虫食い状態です。
オオヨモギハムシ種群 

そろそろ、シラキトビナナフシが成虫になる季節です。
今年は、あまり観察に出ていなかったので、飼育個体が非常に少なくなっています。
おまけに、この暑さで数を減らしてしまいました。

暑さに負けずに頑張らねば・・・・。

テーマ : 函館・道南・北海道
ジャンル : 地域情報

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。