スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモガタガガンボ発見

Category : 冬の虫
 今日は、風もなく天気も晴れたので、久しぶりにフィールドへ出かけて見ました。
昨日の新雪が数センチほど新たに積もっていますが、クモガタガガンボに出会えそうな予感がします。
気温は氷点下1度くらいです。
雑木林の斜面 

昨年よりも雪の深さが2倍くらいあるので歩きにくくて大変です。
雪の景色 

12時頃から探し始めて、今季第1号が見つかったのが13時10分です。
雑木林の斜面を下りてくるところを発見しました。
小型のオスです。
クモガタガガンボのオス 

歩いているところを動画に撮りました。
雪に足を取られたり、こけたりしています。歩くのは苦手なようです。


追加個体は、なかなか見つかりません。
さらに30分ほど斜面を歩きまわってようやく雪のクボミで小型のメスを見つけました。
右の前肢が取れていますが、元気に歩き回ることが出来ます。
クモガタガガンボのメス 

この後、3時頃まで探しましたが、姿はありませんでした。

この2頭は採集してきて、飼育することにしました。
取り敢えず、ナナフシのエサを入れて飼育開始です。
キッチンペーパーを底に敷き、水分をたっぷり含ませました。
ツユクサ・ツタ・ビワを入れて様子見です。
クモガタガガンボの飼育ケース 

昨年の飼育では、卵を産むところまでで失敗に終わっていたので、今年は、産卵・孵化くらいまでは成功させたいです。


【おまけ】
昨日2月10日に自動車のメーターが、200000㎞になりました。20万㎞とは、よく走ったものです。
ここまで走りこむと手放すことが出来なくなってしまいました。
春の山菜採り、夏のクワガタ・ナナフシ採集、秋のきのこ狩り、などなど、林道から崖道、泥沼、砂利道、ありとあらゆる過酷な道を走りぬいた車は、これからも平気で走ってくれそうです。
20万㎞
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

トガリネズミのテレビ出演

Category : 動物
 暖かい日と寒い日が交互に訪れるようになってきました。春までまだまだです。

先週の金曜日と土曜日に以前撮影した「真冬のトガリネズミ」がテレビ出演を果たしました。

BSフジの『なるほど!ザ・ニッポン』というフジテレビアナウンサー益田由美さんが案内人となって自然を紹介する番組で、「冬の森散歩~北海道・函館~」というタイトルの北海道の大沼周辺で収録されたものです。

番組の中で、雪に残された動物の足跡を解説しているときに「トガリネズミの足あと」が登場しました。

トガリネズミの足跡(BSフジ) 

トガリネズミの足跡解説部分 

画面の右下に小さく登場したのが、「真冬のトガリネズミ」で紹介した時のトガリネズミです。

トガリネズミの写真 

放送はすでに先週の金曜日と土曜日に終わっていますが、明日の11日金曜日午後7時30分から再放送があるようです。

BSフジです。 番組情報はこちらです。⇒ 『なるほど!ザ・ニッポン』

トガリネズミだけでなく、北海道・道南の冬の素晴らしい景色も登場します。是非ご覧ください。

こちらに『真冬のトガリネズミ』の記事があります。



トゲナナフシの孵化は、止まりません、温度が5度前後の中で毎日30頭前後が孵化し続けています。手が凍えるくらいの寒さの中でも孵化した10ミリ前後の幼虫はとことこ動いています。恐るべき生命力です。



テーマ : 函館・道南・北海道
ジャンル : 地域情報

トゲナナフシの孵化が続く

Category : トゲナナフシ
 2月1日までの真冬日がウソのように、3日からは最高気温が6度を超えています。
ナナフシの卵を保管している窓際も10度前後の温度になっています。

先日孵化し始めたトゲナナフシの卵は、急激に孵化数を増やしています。

トゲナナフシの孵化 

上の画像は、2月4日の孵化です(2009年11月7日産卵)。気温の上昇と共に一気に9頭の孵化が見られました。

トゲナナフシの孵化 

2011年2月1日の孵化状況です。
 2009年11月07日産卵(172個)・・・・1頭が孵化してきました。計2頭

2011年2月3日の孵化状況です。
 2009年10月30日産卵(140個)・・・・1頭が孵化してきました。 計1頭
 2009年11月07日産卵(172個)・・・・5頭が孵化してきました。 計7頭
 2009年12月15日産卵(165個)・・・・2頭が孵化してきました。 計5頭
 2010年01月01日産卵(104個)・・・・1頭が孵化してきました。 計1頭

2011年2月4日の孵化状況です。
 2009年11月07日産卵(172個)・・・・9頭が孵化してきました。計16頭
 2009年12月15日産卵(165個)・・・・1頭が孵化してきました。計 6頭

いずれも13ヶ月から14ヶ月もの卵期間になります。
トゲナナフシの卵期間は、短いもので越冬なしで5ヶ月というものもあります。
夏から秋に産卵されたものでは、越冬ありで7ヶ月前後の卵期間が平均的です。
今回の卵期間は2倍近くかかっています。

また、2月1日の孵化は、保管場所の温度が7度くらいの中で孵化しています。思った以上に低い温度の中でも孵化できるようです。

今後もしばらくは孵化が続くと思われます。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。