スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの新産地(厚沢部町・上ノ国町)

Category : シラキトビナナフシ

 最近は、朝晩の気温が十数度にまで下がってきました。

いよいよ秋の気配が漂ってきました。虫の季節も残すところわずか・・・。


21日の日曜日にシラキトビナナフシの新産地を探しに行ってきました。

函館を午前9時半頃出発して、厚沢部町へ向かう峠の林道や農道を探し続けて2時間、シラキが見当たりません。

途中で側溝探索にそれたり、セミに気を取られたり、クワガタと戯れたり、肝心のシラキが見つかりません。

12時前になって、ようやくミズナラの葉上で1頭目のシラキを発見。

厚沢部町産の第1号です。

シラキトビナナフシ(厚沢部町産) 

それまで見つからなかったのがウソのように見つかります。

厚沢部町産の第2号です。

シラキトビナナフシ(厚沢部町産) 

2頭とも成虫ですが、やや後翅が羽化不全気味です。

今年は、何故か成虫の羽化不全気味が多いようです。

やっと見つけたシラキは、太陽のもと赤、緑、黄色が色鮮やかです。

シラキトビナナフシ(厚沢部町産) 

この場所では、3頭の成虫を確認して場所を移動しました。

このあたりは、広い範囲で生息していると思われるのですが、見つけられたのは限られた範囲でした。

再度、厚沢部町全域を調べたいです。

昼を過ぎて、新産地を求めて、江差町、乙部町の林道、農道などを探し回りましたが、まったく見つけられません。

探しても探しても見つからないのです。

そんなこんなで、4時半を回ってしまいました。

このままでは気がおさまりません。

今度は、上ノ国町へ挑戦です。

8月5日の時は見つけられなかったので、再挑戦になります。

しかし、農道や林道を探しても見つかりません。山へ入ると薄暗くなってきました。

そろそろ限界と思いながら、最後の林道に入りました。

午後5時半、出発してから8時間目に上ノ国町産のシラキトビナナフシを発見です!

シラキトビナナフシ(上ノ国町産) 

上ノ国町産の第1号はミズナラの葉で見つけました。写真の個体はクリの葉に付いていた第2号です。

近くを探しているうちに薄暗くなりタイムリミットです。

この場所の雰囲気は、何のへんてつもない場所です。

いそうな場所にいなくて、いなさそうな場所にいる、何とも不思議です。

シラキトビナナフシの生息環境 

家についた時には、真っ暗になっていました。

採集してきたシラキトビナナフシは4頭、いずれも卵を生んでいました。

走行距離は約250キロですが、時間は約10時間かかりました。

新産地開拓はエネルギーが必要です。

体力的にも、ガソリンも・・・・・。

スポンサーサイト

オオカマキリ

Category : 昆虫
 蒸し暑い日が続きますが、朝晩の気温は涼しくなって来ました。

先日、8月16日に函館の街中のガラス扉にオオカマキリがとまっていました。

オオカマキリ 

周辺は住宅街で山や野原からは離れています。

せいぜい空き地の草地や民家の植木、街中の公園があるくらいの場所です。

オオカマキリ 

ナナフシよりもカッコイイです!

大きさは約90ミリほどもあります。

元気が良くて、羽を広げて飛ぶことが出来ます。

オオカマキリ 

昔、クワガタ採集で厚沢部へ行っているときに、大きなオオカマキリを見つけたことがありましたが、

こんな街のど真ん中で見つけるとは思ってもいませんでした。

チョウを入れものに入れると、一瞬にして鋭いカマで捕まえて食べ始めました。

オオカマキリの食事 

今度、近くの草原などで、他の個体がいるかどうか探してみようと思います。


テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

シラキトビナナフシの新産地(知内町・福島町)

Category : シラキトビナナフシ

 先週金曜日に松前半島でのシラキトビナナフシの生息を確認に行ってきました。

天気は快晴、気温は約23度くらいだったのですが、ものすごい暑さでした。

 函館を出発して、生息を確認していた北斗市(旧上磯町)を通過して、木古内町の新産地を探し回りました。

しかし、探せども探せども見つかりません。時間ばかりが経っていきます。

おまけに高速道路の建設中で、道路が迂回路になっていたり、よさそうな林に近づけなかったり、・・・焦りはじめます。


 木古内町を諦め、知内町に突入です。

今度は、平野部が広くよさそうな林が見つかりません。山間部を目指して車を走らせているときに、杉林沿いに道路を発見。

ダメもとで入ってミズナラの木をルッキングすると、いました!いました!シラキトビナナフシです。



杉林の縁に生えているミズナラの葉上に1頭見つけました。

P1350874jtrim550.jpg



水筒の水を飲んで、気持ちを落ち着けてから、写真撮影です。逃がさないよう網で採集して持ち帰りです。

6令幼虫で翅芽が大きくなっています。

シラキトビナナフシ知内町産

その後、さらに2頭を発見し、この場所では計3頭を見つけました。

3頭すべてが6令幼虫の中期くらいです。


 気を良くして、一気に福島町に向います。

福島町に入ってすぐの大千軒岳の登山道を探し始めました。

ブナの大木やミズナラの大木が森を作っている場所です。ミズナラの3メートルほどの高さにシラキトビナナフシを発見。

遠目に写真を撮っておき、その後網でゲットしました。

こちらも6令幼虫の中期くらいです。

シラキトビナナフシ福島町産


この場所で、本日の探索の時間切れです。

函館から往復で170㎞、約7時間かかりました。

ほとんどの場所で、ルッキングのみでシラキトビナナフシを探したので、見落としもあったかも知れませんが、

知内町と福島町の新産地を確認できました。

渡島半島でのシラキトビナナフシの生息は知られていますが、実際に生息場所を確認してみると、どこにでもいるというわけではないようです。

今後は、更に松前町や日本海側も調査したいところです。



こちらも参考にして下さい。 知内町シラキ    福島町シラキ

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。