スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます。

Category : ご挨拶
 シラキトビナナフシを中心に、野外観察、飼育観察、自然の様子などを書いてきましたが、ブログを続けることが出来て本当に良かったと思える1年間でした。(自然の脅威と人間の脅威を思い知らされた1年でした。)
訪問してくれたり、コメントを寄せてくれた方々、本当にありがとうございました。

2011年もあと1時間。
              来年もよろしくお願いいたします。
                                   皆様、よいお年をお迎えください。

 シラキトビナナフシは今年は年を越すことが出来ませんでしたが、他のナナフシは元気です。

2011年の最後に孵化してきたコブナナフシです。(Pylaemenes guangxiensis
この親は、2009年12月に孵化したので、約2年(730日)生存しています。
とても長生きなナナフシです。
コブナナフシ 

2011年3月に孵化して年を越そうとしているトゲナナフシです。(Neohirasea japonica 
トゲナナフシ 

毎日のように孵化してくるアマミナナフシです。(Entoria okinawaensis )
アマミナナフシ 

真冬なので野外観察は天候に左右されますが、12月26日にクモガタガガンボの採集を行えました。
オスが3頭、メスが2頭、交尾の写真も撮ることが出来ました。
現在飼育ケースで飼育中です。
詳しい生態が解明されていないので、この冬のテーマです。
クモガタガガンボの交尾 

詳しくはこちらを参考にしてください。⇒ こちら




スポンサーサイト

最後のシラキトビナナフシ

Category : シラキトビナナフシ
 今日は真冬日、最高気温が氷点下4.4度、最低気温は氷点下7.2度、今期一番の寒さです。

12月14日(水)、最後まで生きていたシラキトビナナフシが死亡しました。

9月10日に大沼公園の日暮山で成虫採集した個体でした。

シラキトビナナフシ(大沼日暮山) 

野外のクリ・コナラ・ミズナラがすべて枯れてからは、鉢植えのシラカシの葉を1枚ずつ与えてきましたが、3枚目で死亡しました。

シラキトビナナフシの卵 

最後の卵は、中くらいの大きさのものが3個でした。

9月に採集してから約3ヶ月で、518個の卵を産みました。 

この寒さの中、トゲナナフシ・コブナナフシ・タイワントビナナフシ・アマミナナフシなどが産卵・孵化を繰り返しています。唯一の悩みはエサの確保です。

飼育の成否は、エサに始まり、エサに終わる、と言っても良いかも知れません。

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

クモガタガガンボ(Chionea sp.)

Category : 冬の虫
  雪が積もったと思ったら、今日は雨が降り出しました。

仕事帰りに小雨の中、クモガタガガンボを探しに行ってきました。

午後3時、気温3度、小雨、クモガタの活動条件はよくありません。

クモガタガガンボのオス 

今期初のクモガタガガンボを発見しました。

しかし、雪の上で死んでいました。

今日の気温が約5度近くあったことと、小雨が降っていたことなどから死亡したのではないでしょうか。

クモガタガガンボのオス 

よく見かけるクモガタガガンボには2種類あるようで、小型のものと大型のものです。今回のは大型の5ミリほどのオスです。

クモガタガガンボのオス

クモガタガガンボはこれからがシーズンです。

詳しい生態があまり解明されていないので、今回の冬のテーマの一つに加えたいと思います。




FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。