スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモガタガガンボの産卵

Category : 冬の虫
函館市滝沢町(香雪園)でクモガタガガンボのオスを発見

連日の真冬日の中、函館市滝沢町(香雪園)の遊歩道脇の側溝にクモガタガガンボのオスを発見しました。
(発見時の気温は-4度、湿度は60%、微風、夕暮れ時。)

1月12日の最高気温-3.3度、最低気温-14.3度。
1月13日の最高気温-2.2度、最低気温-7.8度。

クモガタガガンボのオス(滝沢町) 

午後4時ころで、日が暮れ始めたので気温がどんどん下がっている時でした。

側溝内を歩いていたクモガタガガンボは、側溝の底を目指して歩き始めました。

底には枯れ葉が積まさっています。

クモガタガガンボのオス(滝沢町) 

クモガタガガンボのオス(滝沢町) 

底の枯葉にたどり着くと素早く大きな枯葉の下に潜り込んで行きました。

しばらく待っても出て来ません。

最初からこの場所に入り込もうとしていたかの感じです。

クモガタガガンボのオス(滝沢町) 

真冬日といっても、日中は氷点下2度くらいまで気温が上がったので雪上で活動し、
夕暮れの気温の低下とともに雪の下の枯葉などの隙間に入り込み寒さをしのいでいるようです。


クモガタガガンボの産卵を確認

クモガタガガンボの卵 

飼育ケース内の枯葉にクモガタガガンボの卵を確認することが出来ました。
確認できた卵は4個です。葉の表面に接着されているようです。
大きさは約0.7ミリ、乳白色、米粒のような形、表面はつるつる状態です。
そばにいるメスは死亡しています。

無事に孵化するかどうか楽しみです。

残っているメス2頭は元気ですが、オス2頭は非常に弱っています。


こちらも参考に見てください。⇒ 「ナナフシの森」(クモガタガガンボ)


スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

クモガタガガンボのメス(Chionea sp.)

Category : 冬の虫
 昨日(1月8日)、午後2時から午後4時までの約2時間、雪の中をクモガタガガンボ探索に行ってきました。

1頭目は、斜面を登るクモガタガガンボのメスです。

気温は3度、湿度は約42%、晴れ、微風。

クモガタガガンボのメス 

メスなので産卵用に確保しようと思っていたのですが、笹の葉の隙間に入っていき見失ってしまいました。

その後、1時間ほど見つからずに歩き回っていたところ、歩き方のぎこちない虫を発見。

2頭目のクモガタガガンボのメスです。気温は-1度、湿度は約64%、晴れ、微風。


クモガタガガンボのメス 

6本の肢のうち3本も取れています。その3本の肢で何とか雪面を歩き回っていました。

産卵用に採集してきました。

太陽が西に傾き急激に気温が下がって来ました。

 最後に、笹の葉の隙間に出来た雪洞の中を崩して確かめてみると、中にはネズミかトガリネズミの黒い糞がたくさん見つかりました。
文献の中には、「クモガタガガンボがネズミやもぐらの巣穴からたくさん見つかる・・・」との記述もあるので、
雪洞の中や底も丁寧に探してみる事も必要かも知れません。
雪洞の底のネズミの糞



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

どんど焼きとコブナナフシ

Category : 季節の雑記
 7日に正月のしめ飾りを持って「どんど焼き」に行って「健康であるように」とお祈りしてきました。
昔の若いころと違って体がついていかなくなって来ています。まだまだ長生きしなければならないので、少しは健康に注意しなければなりません。
禁煙は超スムーズに行って、1度の挑戦で達成でき、すでに2年以上経過しています。

 どんど焼き

 どんど焼きの後は、北海道新幹線の新駅の予定地を見に行ってきました。
北斗市の渡島大野駅は、ひっそりと静まり返っていましたが、近くでは北海道新幹線関連の工事が進められています。
ちょうどローカル線の列車が入って来ましたが降りる人もいなく、すぐに出発して行きました。

渡島大野駅 

大野平野の中央部には新幹線の高架が作られ始めています。
こんなに工事が進んでいるとは全く知らずにいました。
北海道新幹線の工事現場 


 渡島大野駅から帰ってくると、コブナナフシが1頭孵化していました。
2011年11月の卵から約2ヶ月での孵化になります。2011年4月から208頭目の孵化です。

コブナナフシの孵化 

親のコブナナフシは、2009年12月頃に孵化して、約1年かけて成虫になり(3ペア)、2010年11月から産卵を開始し、1年以上も産卵を続けています。2011年12月現在で卵は400個産んでいます。

2011年4月に孵化したグループのオスは、ほとんどが成虫になっています。
メスはあと1回の脱皮で成虫になると思われます。

コブナナフシは、多食性で、丈夫で、長生きです。

コブナナフシのオス成虫


テーマ : 函館・道南・北海道
ジャンル : 地域情報

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。