スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゲナナフシの異常卵(Neohirasea japonica)

Category : トゲナナフシ
トゲナナフシの異常卵(Neohirasea japonica)

2013年1月26日に採集した435個の卵の中に、異常に小さな卵を6個見つけました。

トゲナナフシの異常卵 

画像には5個写っています。
普通の卵は約2ミリ(画面下)、小さい卵は1ミリ~1.5ミリほどです。
卵蓋や精孔板は揃っているのですが、大きさが非常に小さいです。

親は昨年8月に産卵を開始した成虫のグループです。17頭の成虫のうち7頭が死亡していたので、おそらく死亡直前の卵です。
トゲナナフシの卵

以前、シラキトビナナフシで様々な異常卵を見つけましたが、トゲナナフシでは初めてです。



スポンサーサイト

クモガタガガンボ

Category : 冬の虫
  連日の大雪もようやく落ち着いた1月11日に函館市郊外の雑木林へクモガタガガンボ探しに行ってきました。

時間は午後2時過ぎ、天気は曇り、積雪は40cm位、西風が少し強く(5m/s前後)、気温は氷点下6.5度前後。
 探し始めて30分ぐらいで林の斜面を歩いている大型タイプのメスが見つかりました。

クモガタガガンボのメス(大型タイプ) 

歩く早さはけっこう早く、すぐに雪洞のなかに入っていきそうになりました。
クモガタガガンボのメス(大型タイプ) 

クモガタガガンボのメス(大型タイプ) 
    その後、さらに探しましたが見つかりませんでした。

2時間の探索で1頭でしたが、気温の低さと風の強さが影響していると思います。

生息環境の様子です。積雪は40センチ以上になっています。

クモガタガガンボの生息環境 

採集したクモガタガガンボは飼育ケースで飼うことにしました。
容器はプラケースにキッチンペーパーを敷いて水を多めに含ませ、山で採った枯葉を数枚とシンプルにしました。
保管場所は、北側の室内階段です。気温は昼で約10度以下。
今まで、産卵までしか観察できなかったので、今年は産卵・孵化までは持って行きたいと思います。

クモガタガガンボの飼育ケース 



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

明けましておめでとうございます

Category : ご挨拶
 新年あいさつ

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。








FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。