スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシのこっこ

Category : シラキトビナナフシ

 函館は、昨日からの雨が今日も降り続いていました。

シラキトビナナフシが気になって、昼過ぎから傘をさしながらミズナラの林に行ってきました。

林の中は、雨のため薄暗く、昆虫もほとんど葉裏に隠れて雨をしのいでいました。

ほとんど写真も撮ることができず、ナナフシも見つからず、それでも探し続けていると、雨が強くなってきたので、

あきらめて帰り道につきました。

それでもあきらめきれずに、ミズナラの多い道を選んで急ぎ足で車に向かっていたところ、道路の上に一瞬白いものが目に入りました。

3メートルほど過ぎてから気になって戻ってみると、そこには何と、探し求めていたものが歩いています。

間違いなく、シラキトビナナフシの幼虫です。

シラキトビナナフシの幼虫1

雨粒を体中につけて歩き回っていました。

5月からずっと探していたシラキトビナナフシの初令幼虫をついに発見しました。

傘をさしながら大急ぎで写真に撮ったのですが、光量がまったく足りません。シャッタースピードも1/20しかありません。

ミズナラの葉に乗せて車まで大事に運びました。

車の中で急いで写真撮影です。少しは明るくなりましたが、興奮して手の震えが止まりません。

シラキトビナナフシの幼虫2

色は、薄い黄緑色をしています。目と触覚の節の部分が黒くとてもきれいです。

シラキトビナナフシの幼虫3

ときどき得意の擬態のポーズもとっていました。写真には撮れませんでしたが、親とまったく同じです。

首もしっかりと回って、辺りを見回していました。

シラキトビナナフシの幼虫4

動きかたは親とそっくりです。

シラキトビナナフシの幼虫5

家に帰ってきて、1ミリ方眼紙の上に乗せてみました。

大きさは12mmくらいしかありませんが、体つきはしっかりとシラキトビナナフシそのものです。

シラキトビナナフシの幼虫6

さっそく、プラケースで住処を作ってやり、飼育スタートです。

うれしかったので、名前を付けてみました。

「ななちゃん」です。

うまく育ってくれるといいですが。

 

 

 

 

 ブログランキングに参加してます。  よろしくお願いします。

         

  

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんにちは、はなちゃん!

うわ~、念願のナナフシですね!
小さい頃って、触角が長いのですね。
ひょっとしたら、シラキトビナナフシは足より触角が長いのでしょうか?
色はこの後、どうなるんでしょう?背景の色にしたがって変わっていったりするのでしょうか?
ともあれ、ナナフシさんの復活がうれしいです。

とりぶうさんへ

 こんばんは。
 雨にもマケズ、風邪にもマケズ、春の寒さにもマケズ、・・・ついにちびナナフシをゲットできました。
 雨に打たれて、水滴をいっぱい付けて、よたよたと歩く姿を見た瞬間、思わずとったど~の世界に入り込んでいました。
 傘をさしながら、写す写す、興奮で手の震えが止まりません。
 今日も、仕事と仕事の合間に山へ行きましたが、2匹目のどじょうはいませんでした。
 明日もいくぞ~、あさってもいくぞ~
風邪は治りません。今朝も起きたら仕事が始まる時間でした・・・。
PS:ナナフシの名前は、「ななちゃん」です~。

ななちゃんの触覚は節が黒くて面白いですね。
カミキリの触覚に似てるかも。
複眼の上にも黒い帯が入っていて、ちょいワルな感じがまたよろしいかと。
『こっこ』って北海道の言葉ですか?子供とかそういう意味かな・・・。

こんばんは。
こんなに小さなナナフシを発見できるなんで、運と言うよりも会いたいと想う熱意の賜なんでしょうね。素晴らしいです。
シラキトビナナフシもやはり他のナナフシと同様に単為生殖なのでしょうか。神秘的で不思議な生き物ですね。

唐変木さんへ

 こんばんは。
 ななちゃんは、ミズナラの葉の裏側で擬態のポーズを決めています。
 触覚の黒い環がこの時期からついているのは初めて知りました。触覚の節は8個ですが、成虫になると70個くらいになります。脱皮とともに増えていくものと思われます。
 「こっこ」は生き物の子どものことで使っています。
普通に使っていたので、当たり前と思っていました。

まささんへ

 こんばんは。
 5月から探し求めていたシラキトビナナフシの幼虫でしたので、雨にもかかわらず興奮し、体が熱くなりました。
 探し始めるとしつこいほうなので、見つかるまで探し続けてしまいます。一歩間違えばストーカーかも・・・。
 でも、広い林の中でわずか12mmのナナフシを見つけた時の感覚は何ともいえません。今まで通いつめた時間が一瞬にして過ぎ去ってしまいます。
 今日も林に行ってきましたが、さすがに続けては見つかりませんでした。
 シラキトビナナフシは、オスが見つかっていない種類です。単為生殖で増えていっています。30年前から知られていたのですが、何故か学名が記載されたのは、ついこの間のことです。
未知の部分が多く非常に興味が湧く昆虫です。

この子がそうですか~。
赤ちゃんはなんでもカワイイですが、虫の子も例外なくかわいいですねぇ。
うちの方では絶対見られない写真をありがとうございます。
これからななちゃんの飼育写真も楽しみにしています。
私はまだ普通のナナフシさえも見つけられことがありません(^_^;)

???さんへ

 こんばんは。
 この子がシラキトビナナフシの赤ちゃんです。
この子を見つけるのに5月から何度も何度も林に通い続けました。
もし見つからなければ暗くなっているところでした。
何とか「ななちゃん」を立派な成虫まで育てたいと思います。

これがそうかー

トビナナフシ。初めて知りました。

か、かわいいっ!

ミズナラさんへ

 こんばんは。
 これがシラキトビナナフシの赤ちゃんです。
親指の爪くらいしかありません。
動きがこれまたよちよちしていてかわいいです。
これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。