スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の色とナナフシ

Category : 自然の姿~秋

 函館は、どんどん秋が深まってきています。

先日の前線通過のとき、カミナリが鳴り響き寝ることができないでいました。

カミナリは一番の恐怖です。パソコンの電源を切って、カミナリが鳴り止むのをじっと耐えていました。

次の日からは、風が強まり、どんどん気温が下がってきています。午前11時でも14度くらいしかありません。

 

 昨日、1週間ぶりに山へ行ってきましたが、あたりは紅葉した木や草花が目立ちます。

赤、オレンジ、黄、紫、黄緑、緑、まさに一つの木が虹色に色づいています。

紅葉した葉 

 

この葉を良く見ると、葉の重なった部分が紅葉せずに緑のままになっています。

紅葉した葉2 

 

ミズナラの葉では、カメムシが孵化していました。

カメムシの孵化 

卵が塊で産み付けられていますが、孵化したカメムシも塊になっています。

これから急激に気温が下がり、雪も降り出すというのに、今の時期に孵化するというのも大変そうです。

おそらく、幼虫のままで越冬するのだと思われます。

 

ミズナラの木は、黄葉が進み、中には茶色く枯れてしまった葉も増えてきました。

当然のように、シラキトビナナフシの成虫の姿は、まったく見ることが出来なくなりました。

昨年も、10月に入ると姿を見ることが出来なかったので、同じようなサイクルになっていると思われます。

成虫がいなくなったので、シラキの卵を枯葉の下から探してみました。

卵の大きさは長径2ミリくらいの俵型をしています。広大な林の中で見つけるのは大変です。

昨日は、1個を見つけることが出来ました。

シラキトビナナフシの卵(野外) 

家のシラキの卵は、ついに4000個を超えましたが、成虫たちが寿命を迎えて減ってきています。

飼育中の卵もいいのですが、野外で採集する卵は、たった1個でも4000個と同じくらいの感激があります。

 

最近は、沖縄産のアマミナナフシの孵化も続いています。

アマミ4号、5号、6号と毎日孵化してきます。

こちらは、アマミ6号です。

体長は、約18ミリほどです。卵の大きさと比べると、よくもこんなに小さな卵の中に入っていたものだと言いたくなります。

アマミナナフシ(6号) 

 

こちらでは、以前孵化したアマミ1号が3令幼虫に脱皮しています。

体長は約39ミリあります。手足を伸ばした状態では約70ミリあります。

これからまだまだ大きくなるのですが、この寒さのため食草が枯れてなくなりそうなので、冬場の飼育が大変そうです。

アマミナナフシ3令幼虫 

寒さの厳しい季節が近づいてきていますが、昆虫たちは、世代を確実につないでいます。

 

 

 

 ブログランキングに参加してます。  よろしくお願いします。

         

  

スポンサーサイト

テーマ : 四季 −秋−
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。
私も以前エダナナフシを飼育していた時産み落とされた卵をこまめに拾っていましたが、それでも土に紛れた卵を探すのには骨が折れたものでした。
林の中で落ちているトビナナフシの卵を見つけられるなんてやはりただ者ではありませんね。すばらしいです。

まささんへ

こんばんは。
ミズナラの林でシラキの卵を探すのはかなり難しいです。
昨年は、2個しか見つけれませんでした。
今年は、慣れたためか、すでに4個見つけています。
しかし、飼育個体だと4000個以上得られるのに、野外だとその0.1%の4個です。
また、すでに黄葉が始まりシラキもいないと思っていたところ、12日に地上に落ちていたシラキの成虫を見つけることができました。しかし、強風で枝にでも叩きつけられたのか、腹部が損傷し卵の卵がはみ出ている状態でした。それでも、今現在、飼育ケースの中で、動いています。糞もしていないようなので、長くは持たないと思いますが、最後まで生きてくれればと思います。

応援ありがとうございました^m^♪
とっても嬉しかったです(*^_^*)
季節もめぐり、もう秋ですね。紅葉がとってもきれいですね。大阪はまだもう少し先のようですが・・そろそろ色づき始めてる木もありますね・・。
ベランダ栽培のバジルに虫がよくつくんです、あれ、なんでしょうかね?青虫の細い感じです。

ゆみぴいさんへ

こんばんは。
山へ行くだびに紅葉が進んでいます。
ナナフシのエサもだんだんと無くなってきて、エサ切れが心配になってきました。
温室などがあれば最高なのですが・・・。ハムちゃんたちがいた頃は、一日中ストーブをたいていたのですが、ナナフシのためにはストーブを付けてもらえません。
ランキング上位は夢のようです。いつ消え去るかと心配してます。ポチ×4しておきました。

アマミナナフシ

こんにちは。お久しぶりです。
アマミナナフシを飼育しているのですね。
私は今年奄美大島でアマミナナフシの♀2匹♂1匹を採集し、飼育していました。
しかし、♀2匹は寄生虫が出てきて、卵も産まずに1週間ほどで死んでしまいました。ナナフシを飼っていて寄生虫が出てきたのは初めてなので、すごく気になっています。
現在は、タイワントビナナフシの幼虫(1齢)を飼育中です。このタイワントビナナフシの親も奄美大島で採集しました。
卒論をナナフシでやりたいと思っているのですが、まだテーマが決まっていません・・。


ひまわりさんへ

こんにちは。久しぶりです。
気温が下がってきて、アマミナナフシの飼育が心配です。現在4令まで育っていますが、雪が降るころ成虫になると思うのですが、エサもなくなるし・・・。
奄美大島などへ行けるといいのですが、なかなか機会がありません。うらやましいですね。
タイワントビナナフシも見てみたいですし、シラキトビナナフシだけでなく、日本中のナナフシが飼育したいです。
ナナフシは、解明されてないことが結構あるようです。ナナフシの卒論、頑張ってください。
シラキの解明は、まだまだ先が長そうです。

北はナナフシが少ないですものね。
私は本州にいるナナフシは全種飼育したことがあります。
沖縄などのナナフシは、まだまだ見たことがない種がいるので、いつか絶対に採集しに行きたいです。
奄美へは部活で行きました。2度目でしたが、夜はナナフシ天国って感じでした。
アマミナナフシの食草は何を与えているのですか?
私はアカメガシワを与えていました。
卒論、頑張ります。

ひまわりさんへ

こんばんは。
北海道は、シラキトビナナフシしか確認できていません。青森まで行くとヤスマツトビナナフシなどもみられるのですが・・・。
本州産ナナフシの全種目飼育とはうらやましい限りです。
今朝もアマミナナフシが孵化していました。8頭目です。しかし、初令段階の幼虫ですでに死亡したものもいて、気温低下が影響しているのかもしれません。エサには、山で採ってくるキイチゴ類の葉を与えています。チンゲンサイやハクサイなどの野菜も食べるそうなので、冬場は野菜での飼育になりそうです。
シラキトビナナフシでは、野外生態の解明と各令の外部形態、成虫の内部形態について調べています。さらに調べたいことがあるのですが、必要な機材などがありませんので、宝くじにでも当たらなければ無理です。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。