スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの生と死

Category : シラキトビナナフシ

 函館も日中の気温が10数度まで上がるようになりましたが、サクラの開花はまだ先のようです。

4月2日に孵化し始めたシラキトビナナフシは、その後も孵化を続けています。

4月6日には一度に38頭も孵化してきました。

プリンカップの中は、シラキベビーでいっぱいです。 

シラキ17号の卵の孵化

 

蓋を開けると、一斉にシラキベビーたちが動き出します。

捕まえて飼育ケースに移すのが大変なくらい動き回ります。

シラキベビー 

どんどんプリンカップの中から出てきて踊りだします。

シラキベビーの踊り 

 

シラキベビーが出てきた卵の殻は、卵の蓋がマンホールの蓋のようにきれいに外れています。

長径が2ミリしかない卵の中から、体長11ミリのシラキベビーが出てくることは何とも不思議です。

触覚や肢はどのように2ミリの中に入っているのでしょう。

ときどき、くねくねと折れ曲がった肢のシラキベビーも見られます。

シラキトビナナフシの卵 

 

シラキベビーたちが孵化してくるところは、とても感動します。

毎日、毎日、かわいいシラキベビーを見ているのは嬉しいものです。

 

しかし・・・・、エサがないのです。

孵化する時期が早すぎたため、ミズナラ・コナラ・クリ・ブナなどの葉が、まったく開いていないのです。

エサがないので、せっかく孵化してきたシラキベビーも、2日から3日で死んでしまいます。

実は、嬉しい孵化ラッシュの裏では、シラキベビーは死んでいってるのです・・・。

孵化時期を予測できなかったことと、エサの準備が間に合わなかったことという、完全な準備不足のために毎日、毎日、孵化と死を経験することになってしまいました・・・・涙・・・涙・・・  

シラキベビーの死 

昨年は、卵の段階で終わり、孵化に失敗しました。

今年は、孵化には成功したのですが、孵化の段階で終わってしまいそうです。

シラキの場合、一度失敗すると1年後まで待たなければなりません。熱帯のナナフシなら卵さえ確保できれば、通年での観察が可能なのですが・・・。

現在、エサになる葉を本州の方に送っていただくことになりました。

到着したらシラキベビーたちに生きる環境を与えてあげることができます。

送られてくるのを待つしかありません。車の音がするたびに窓の外を見て、宅配便が届くのを待っています。

たった一枚の葉があるだけで、たくさんのシラキベビーたちは助かります。

もう少しで、山には溢れるだけの葉っぱが出てくるのですが・・・・。

そうはいっても状況の知らないシラキベビーは、毎日孵化してきます。

昨夜のシラキベビーです。

4月10日のシラキベビー 

この子たちは、エサが間に合いそうです。

何とか卵を産むまで成長させたいものです。

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。
せっかく沢山のトビナナフシが孵化してくれたのに エサが調達できないのは悔しいですよね。
これから孵化するトビナナフシたちのエサがなんとか間に合うといいのですが・・・。

まささんへ

こんばんは。
エサの準備が出来ていなかったのは、飼育者の準備不足でした。
時期的に孵化には早いと思っていたのですが、失敗でした。
昨年は、孵化そのものに失敗し、孵化に成功したと思ったらエサに失敗し・・・うまくいかないものです。
エサが届いたので、安心して飼育できるようになりました。
今日もこれから新しく孵化したシラキの世話です。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。