スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの孵化

Category : シラキトビナナフシ

 暖かくなったとはいえ、まだまだ風が冷たい函館です。

昨日の朝方は、マイナスの気温になっています。

少しだけ膨らみ始めた桜のつぼみも凍えています。

シラキトビナナフシの孵化は相変わらず続いています。

昨日までに、284頭が孵化しています。しかし、卵の総数が3745個なので孵化率は7.6%くらいです。

それでも昨年のゼロから見ると、大きな違いです。

寒いときは孵化したシラキたちはペッタンコになって動きません。

孵化したシラキトビナナフシ 

 

中には、肢に卵の殻を付けたまま動き回っているシラキもいます。

このようになると、卵殻が取れるか、肢が取れるか、どちらかです。

このシラキは、卵殻が無事取れました。

卵殻を付けたシラキトビナナフシ 

 

珍しい孵化の瞬間を見ることが出来ました。

200頭以上が孵化していますが、このような光景は初めてです。

小さな2ミリほどの卵の中からくねくねと出てきます。

どのように卵の中に入っているのか不思議です。

シラキトビナナフシの孵化の瞬間 

 

肢がとても長いので、最後まで後肢が殻の中に残っています。

卵殻から肢が抜ける前に、すぐに歩き出し、卵殻を引きずっています。

うろうろ歩き回っているうちに、卵殻は取れていました。

卵殻を引きずるシラキトビナナフシ 

 

エサのコナラ・ブナが本州の方に送っていただいたので、その後は無事に成長しています。

しかし、切った枝なので、うまく水をすえないものがケースの中で枯れてきました。

エサが枯れたケースの中では、シラキたちがうろうろ歩き出しています。

函館では、エサの葉がまだまだ開きそうにありません。

どこまで持つのか時間との闘いになっています。

どなたかエサを送ってください~。

かわいらしいシラキトビナナフシたちに愛の手を・・・

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。