スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べない昆虫

Category : 昆虫

 朝晩の寒さが厳しくなってきました。今日の最低気温が約8.5度にまで下がっています。

山も紅葉が始まってきました。

昨日、シラキトビナナフシを探しに函館市紅葉山町の林道に入りましたが、シラキはまったく見つかりませんでした。

その時見つけたのが、ツチハンミョウとオオヨモギハムシの飛べない昆虫の2種類です。

その1 ・・・ メノコツチハンミョウ(Meloe menoko

全身が、金属光沢のある紺色をした、とてもきれいなメノコツチハンミョウです。

触覚の第7節に大きな膨らみがあるので、オスの個体です。

秋の9月中旬から10月にかけて見られます。

メノコツチハンミョウ 

 

後翅が退化していて飛ぶことが出来ません。

さらに、歩くのが得意なわけでなく、動きもゆっくりしています。

笹の葉から隣の葉へ移るときも、見ていてじれったくなるほどゆっくりとしていました。

メノコツチハンミョウ 

 

このツチハンミョウの仲間は、脚の関節からカンタリジン(毒)を含んだ液を出し、皮膚に付くと炎症を起こすそうです。

このときは、そのことを知りませんでしたが、写真を撮っただけで触らなかったので助かりました。

翅がない、毒がある、など珍しい昆虫ですが、さらに生活史も不思議です。

ハナバチ類の巣に寄生して、過変態という特殊な変態を行うようです。

 

その2 ・・・ オオヨモギハムシの仲間

 ここでは、もう1種類、飛べない虫を見つけました。

オオヨモギハムシの仲間です。

オオヨモギハムシの仲間には、オオヨモギハムシ、アイヌヨモギハムシ、ミヤマヨモギハムシがいます。

管理人では、これらの区別がはっきりしないので、オオヨモギハムシの仲間として載せておきます。


Chrysolina angusticollis オオヨモギハムシ
Chrysolina aino  アイヌヨモギハムシ
Chrysolina porosirensis  ミヤマヨモギハムシ

写真の個体は、エゾゴマナについていました。体色は、写真では青っぽく写っていますが、黄緑色に輝いていました。

オオヨモギハムシの仲間 

尾端に突起が見えているので、メスです。

こちらも飛ぶことが出来ない昆虫なので個体変異がかなりあるそうです。

オオヨモギハムシの仲間 

これらの飛べない昆虫、特に、オオヨモギハムシやオサムシなどは、地域変異が激しいので、系統進化を調べる上でとても意味のある昆虫だそうです。

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。
北海道は秋の深まりが早いようですね。
関東も朝晩はかなり涼しいです。
この虫達はもう羽がくっついちゃってるんですね。
飛べないことに何の利点があるのか、興味深いです。
こちらだとマイマイカブリなどたまに見かけますよ。

飛べない虫といえば、こちらでは、今シーズンはコブヤハズカミキリをよく見かけました。
飛べない昆虫って、どうやって次代を繋ぐんでしょうかね?
すべて徒歩だとすごく効率悪そうに思うのです。

ぷらさんへ

こんばんは。
今日も20度を切る寒い一日でした。
これらの飛べない昆虫は、地域変異があり、進化を調べるのにうってつけの昆虫のようです。
今までは、まったく興味が無かったのですが、最近少しはまってきています。
自然は何とも不思議です。

唐変木さんへ

こんばんは。
先日、知り合いの方にコブヤハズカミキリの写真を見せてもらったばかりでした。実物は見たことがありません。というより、その名前すら知りませんでした。
飛べない昆虫は、地域変異が激しく、進化と分布がいろいろ調べられているようです。
オサムシやオオヨモギハムシなどの飛べない昆虫の魅力が最近わかってきたばかりなので、いろいろ調べてみたいと思っているところです。
ナナフシも、移動性はかなり低い昆虫の仲間と思います。調べても調べても興味は尽きません。
本人が飽きない限り一生付き合っていける昆虫です。

こんばんは。

やはりそちらは寒くなってますね。。
関西は涼しくなったかと思ったら半袖でいける日が
あったり・・・早く秋らしい気温になって欲しいです。

長い間お庭にいたナナフシが死んでしまいました。
足が1本、2本となくなっていたのですがなんとか生きてたのに(>_<)
nanahusiさんのブログに出会わなければ
ナナフシを知ることもなかったなぁ・・・
なんて思いながら土にかえしました。

marrnさんへ

こんばんは。
夏らしい気温に戻って欲しいと思う最近です。
半袖でいたら寒くてたまりません。冬から考えると暖かいのですが・・・。

いくら暖かくてもナナフシにとっては限界が来るようですね。土にかえしてあげるところなんかmarrnさんらしいですね。(会ったこと無いのに・・・)
我家では、ナナフシの生と死が毎日繰り返されています。現在、卵が数千個、幼虫・成虫が数百頭、これから冬に向かって行くのに、毎日数頭ずつ孵化してきます。北海道では、エサが枯れてなくなるのに・・・生き物なので育て続けるしかないのです。
これからもよろしく。

お久鰤です。
飛べないんですか・・・
さびしいですね。
私は体が重くて走れません・・・
理由は分かりませんがモテません・・・
理由はハッキリしてますがお金がありません・・・
さびしいですね。

カメ吉さんへ

こんばんは。
飛べないツチハンミョウやオオヨモギハムシなどが、飛べないことでさびしがっているかどうかはわかりません・・・
私は、やせてるところに、更にやせてしまいました。でも、年のせいか走れません。
でも、野山に出ると生き生きしています。
カメ吉さんもゆっくりと頑張って下さいね!

非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。