スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年間ありがとうございます!

Category : ナナフシ

 大晦日になりました。

今年もあとわずかです。

函館は、吹雪になっています。

あれもやりたい、これもやりたいと思いながら、気がついてみると1年の最後です。

今年1年は、大きな事故もなく無事に過ぎていったと思います。

昆虫関係では、オオヨモギハムシやチビタマムシの仲間に出会えたのが一番印象に深いです。

シラキトビナナフシでは、新産地の開拓が出来たのが大きかったです。

他のナナフシ関係では、ニホントビナナフシ・タイワントビナナフシ・トゲナナフシ・アマミナナフシ・コブナナフシなどを飼育できたことが嬉しいです。

年の後半に体調を崩して、うだうだしている時期がありましたが、来年は健康管理にも気をつけて頑張りたいと思います。

 

今年最後の記事は、ナナフシたちの孵化です。

年末になってから、3種類のナナフシが孵化してきました。

コブナナフシ

まずはじめは、12月25日と28日に1頭ずつ孵化してきたコブナナフシです。

 コブナナフシの初令

コブナナフシは、腹部が平べったくなっています。

見た目、爬虫類のような感じがします。

枝に擬態していると、飼育ケースの中でも良く見ないと見失います。

コブナナフシの初令 

コブナナフシは、日本のナナフシの中で唯一のコノハムシ科に属するナナフシです。

しかし、最近のDNAによる系統解析では、ナナフシ科に含まれるという結果が出てきているようでもあります。

今後も研究が進むものと思います。

微妙な位置にいると言うことからも気になるナナフシです。

 

トゲナナフシ

次に、同じく12月25日と28日に孵化してきたトゲナナフシです。

トゲナナフシは、7月31日の卵から孵ったので、約5ヵ月かかったことになります。

低温処理は行っていません。常温で保管し、冬になってからはストーブで室温の高い中に保管していた卵です。

親もまだ産卵を続けています。

トゲナナフシの初令 

 

タイワントビナナフシ

今年最後の孵化は、12月30日のタイワントビナナフシの2頭です。

この卵は、10月30日に回収して保管していたもので、わずか2ヶ月での孵化になります。

体長は、約17ミリほどで、脚と触角が非常に長く体長ほどもあります。

タイワントビナナフシの初令 

小さな卵の中から出てきたために、よれよれに曲がっています。

卵の大きさと比べると、どのようにして卵の中に入っていたのか不思議に思います。

タイワントビナナフシの初令 

 

今年1年間、「トビナナフシ日記」にお付き合いいただきありがとうございました。

来年がみなさんにとって良い年でありますように・・・

来年もよろしくお願いいたします。

 

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。