スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモガタガガンボの交尾?

Category : 冬の虫

 今日の函館は、最高気温が5.4度まで上がり、道路の雪も融け出す陽気でした。

昨日の日中は、氷点下6.2度まで下がる真冬日だったのを考えるとうそのようです。

めまぐるしい気温の変化に体がついていかない感じです。

今日のネタもクモガタガガンボです。

 

クモガタガガンボの交尾?の様子をビデオにおさめることが出来ました。 ⇒ こちらからも見ることが出来ます

このビデオを見ると、歩き回っているオスがメスを見つけて交尾の体勢に入っていく様子がわかります。

しかし、このときメスはすでに死亡していますし、大きさの小さな型のメスで種類も違っている可能性があります。

 

このビデオは、先日(24日)に山から採集してきたクモガタガガンボを飼育ケースに入れてみたものです。

クモガタガガンボには、2つの大きさの型(種類)があると昨日書きました。

採集してきたときは、小さなタッパーに大きな型のオス1頭、小さな型のオス1頭・メス1頭の3頭を入れてきました。

このタッパーは、カメラ用のカバンに入れたまま数時間室温(約15度前後)に放置していました。

夜になって飼育ケースに入れようと開いたところ、小さな型のオスが死亡し、メスは弱りきっていました。大きな型のオスは、非常に元気に歩き回っています。

次の画面の上が死亡したオス(小型)で、下が弱ったメス(小型)です。

弱ったクモガタガガンボのメス(小型)  

 小型のオスは、体長が妬く3ミリほどしかありません。

死亡したクモガタガガンボのオス(小型) 

大きい型と小さい型では、強さが違うようです。

大きい型は、10度を超える気温の中でも生存できるようです。

 

タッパーでつれてきた大きな型のオスと、小さな型のメスを飼育ケースに入れてみました。

下にキッチンペーパーを敷いて水を十分含ませ、枯葉をおきました。

 クモガタガガンボの飼育ケース

 セットして24時間後に見ると、弱っていたメスは死亡していました。

クモガタガガンボのメス(小型) 

オスは、元気に歩き回っています。

クモガタガガンボのオス(大型) 

室内階段で保管していたので、気温は約10度を超えているくらいです。

小さい型の方は、すぐに死亡していますが、大きい型の方は10度を超えても生きています。

今日、丸3日経ちましたが、まだ大きいオスは生きています。

2種類のクモガタガガンボの生活適温が違うのかもしれません。

これからも調べていきたいと思います。

 

より詳細な姿を見たいのですが、必要な機材もないので、何とか写したものです。

メスの様子です。思った以上に表面がデコボコしていました。

クモガタガガンボのメスの拡大 

とがって見えていた交尾器も、複雑な形をしていました。

クモガタガガンボのメスの拡大 

早くメスを採集して、飼育ケースに加えたいですし、出来れば、野外での交尾や産卵シーンを観察してみたいものです。

 

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

弁当箱内でもそうですが、雄は雌が近くと通りがかっただけでも直ぐに交尾しようとします。
雌が死んでいようが、弱っていようが一応交尾に持ち込もうとするのがよく観察されます。
ただ拒否して抵抗する雌もいるので、見てると面白いですよ。

別種かどうかは交尾器を調べると分かるらしいですが、わたしはまだ確認していないので、区別が容易なのかは不明です。
いずれ確認してみようと思っています。

昨シーズンには10℃ほどで10~20日の飼育ができましたが、やはり調子が悪いのか産卵はしませんでした。

次の休日に野外の観察へ行ってみたいと思いますが、天気次第ですね・・・
産卵シーンなら、もしかすると地面がみえる隙間とかをチェックすると、もしかすると・・・です。(予想)

geckoさんへ

こんばんは。
様々なことが観察できるので、弁当箱は最高ですね。野外とは微妙に違うかもしれませんが、野外での生態や生活史を解明するヒントが隠れているように思います。

クモガタガガンボのことは、ネットなどで調べても本当に情報が少ないですね。調べれば調べるほど気になってしまいます。

早くメスを採集して観察したいのですが、今度の休みは、またまた札幌です。汽車の中では昆虫観察も出来ず・・・。

早く、野外の交尾と産卵シーンを観察しなければ、雪が融けて春になってしまいそうです。

雪の下の世界には、クモガタの世界が広がっているような気はしています。
出来るだけ雪の裂け目や草の傍など地面につながる場所を覗くようにしているのですが・・・。

こんばんは。
nanahusiさんが訪れるクモガタガガンボ発生地は、写真を見た感じ、雪が深くなく、ススキなどの草がしっかりと見えている様なので、いろいろと観察するのに適しているのではないかと思います。

クモガタガガンボは雪上に現れる成虫の情報は、ネットでも多いのですが、その生態、生活史についてはほとんど見かけたことはありません。
誰も研究対象にしないんですね・・・

わたしは今日(29日)休みなのですが、気温が低くて好条件ではなさそうです(泣)

geckoさんへ

おはようございます。
発生地は、積雪が40センチ前後ですが、南向きの斜面は地面が出ています。どちらかと言うと、開けたススキや笹ののあるような場所で必ず見かけます。すぐ傍のスギ林の中では、見かけていません。
 しつこく観察地に通うことで、何やら見えてくるものがあると思いますので・・・、誰も対象にしないと言うのも寂しい気がするのですが・・・。
今日の成果を楽しみにしています。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。