スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの孵化

Category : シラキトビナナフシ

 4月に入って、気温が急激に上がり10度近くになっています。
3月中は、突然、大雪が降ったり、雨が降ったり、落ち着かない天気でした。
年度末を迎えて、何かと忙しく、ほとんど山へ行ったり、ナナフシの世話を出来ないできました。

 昨日、ナナフシの卵を保管している場所の気温が約18度くらいまで上がったので、気になって卵を見てみると、
シラキトビナナフシが1頭孵化していました。

シラキトビナナフシの孵化

 

今回の孵化した卵は、2009年8月6日に採卵(322個)されたものです。

孵化までには、冬期間の低温期(約数℃)を挟んで、約8カ月近くかかっています。

シラキトビナナフシの孵化 

 

この卵を産んだのは、2008年に野外採集した個体の産卵した卵が、2009年の春に孵化して、成虫になった個体です。

オスの存在は、確認されていませんが、野外で採集した個体の場合は、オスの存在を100%否定出来るわけではないので、今回の結果は、100%メスだけの単為生殖が確認されたことになります。

シラキトビナナフシの孵化 

体長は、約9ミリほどです。

初令幼虫を見るのは、約1年ぶりなので、懐かしい感じがします。

エサは、シラカシを与えています。

このまま、無事に育ってくれるといいのですが、野外のコナラ・ミズナラは、5月に入らないと葉が開きません。

昨年は、エサが無くなってほとんどの孵化した個体が死亡してしまいました。

 

 この日は、気温が高くなったので、シラキトビナナフシの他に、いつものトゲナナフシ、タイワントビナナフシが多数孵化し、新たにナナフシモドキも孵化してきました。

 

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

おおっ、孵化しましたね!
おめでとうございます。
益々忙しく、そして楽しくなりそうですね。

わたしの方は、餌を全く用意しておりませんでしたので、ミズナラの葉が手に入るまで、しばらく低温保管となりそうです。
近いうちに小さなミズナラを掘ってこようと考えています。

geckoさんへ

ありがとうございます。
今年も無事に孵化を確認できました。
この感動が忘れられずにのめり込んでいくのです。
今年は、気温の低い日が最近まで続いていたためか、孵化が昨年より遅いようです。
北海道の場合、エサの確保が5月に入ってからなので、低温保管を継続することが必要です。
参考までに、コナラ・ミズナラ・クリ・ブナなどの他に、緊急の代用食として、シラカンバ・ハンノキなどのカバノキ科の葉もシラキは食べますよ。

非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。