スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タケノコとオサムシ

Category : 自然の姿~春
 最近は、異常に忙しい日が続いています。
帰ってくるなり、起きていることが出来ないくらい疲れて眠っていました。
そんな理由で、5月30日(日)の事をアップします。
気持ちの中では、わくわく興奮していたのですが、全く記事にする時間と気力・体力がありませんでした。

 新緑の山へ、タケノコ採りに行ってきました。
場所は、函館の北側に位置する横津岳の裏側の万畳敷平原付近です。
標高は650メートルほどですが、下界よりは葉の開き方が遅いです。

横津岳の山並み 

万畳敷原野は、山の上の広大な平坦地になっています。
一面に笹や根曲竹などが生い茂っています。
直線的な一本道がどこまでも続きます。
万畳敷原野 


 標高が高すぎるのでタケノコには少し早すぎました。
標高を下げるため直ぐにきた道を引き返します。
途中で、ヒメオオクワガタを探しましたが、寒さのためか見つかりません。
過去には、5月中旬に数頭見つけているのですが・・・。
近くのブナ材で、材割りを行なうと、ヒメオオクワガタの食痕が多数見つかります。
ヒメオオクワガタの食痕 


もっと材割りをやりたかったのですが、「タケノコ採りはどうしたの?」の声に恐れをなして・・・
タケノコ採集です。
ちょうどいいくらいの根曲がり竹のタケノコがなっていました。
タケノコ(根曲がり竹) 

竹やぶに潜るので、ダニとヒグマに注意を払いつつ採集です。
どちらも実際には、注意のしようが無いのですが・・・・
タケノコ(根曲がり竹) 

そこそこのタケノコとワラビを採集して、場所移動です。
とにかく気持ちが良かったのは、真っ青な空と新緑のブナの緑です。
何度も何度も感動していました。
新緑のブナの木 

ブナの森 

ブナの森 

そうこうしているうちに、夕方近くになってきました。
帰るには、林道を1時間以上走らなければならないので、下山し始めました。

ところが、いつもは閉まっている林道が開いていました。
どんな道なのか気になって、ちょっとだけ登って見ることにしました。
どんどん進むとなかなか興味深い雰囲気の林道です。
どんどん標高が上がって行きます。
太陽はどんどん下がっていきます。
そろそろ戻らなければと思いつつ、どこまで続く道なのか気になり、先へ先へと進んでしまいます。
道端には、ヒグマの糞が目立ち始めました。
ヒグマの糞 

標高もどんどん高くなり、残雪すら見えてきました。
フキノトウが出たばかりです。
空気もひんやりとしています。
残雪 

さらに登って行くと、とある山の登山口の標識があります。
道路の中央に深い亀裂があったり、片側の崖が大きく崩れていたり、・・・・入り込まなければ良かったのにと後悔しても遅すぎます。

薄暗くなった山中で、ヒグマを恐れながら外に出て、ガレ場の石をはがしてみました。
何個かひっくり返していると、オサムシが石の下から出てきました。
とにかくアッセってしまい。素手でつかんでしまいました。
臭いにおいをかけるのか?かじられるのか?毒があるのか?
オサムシが出た興奮で、頭の中がパニックです。
薄暗いし、興奮してるし・・・写真もブレブレです。

キタクロオサムシ 

名前は、キタクロオサムシというそうです。(後で教えていただきました)
キタクロオサムシ 

夢中になって写真をとっていましたが、気がつくとあたりは薄暗くなっています。
キタクロオサムシ 

持ってくることも忘れて、近くに離して帰てきました。
帰りの車の中で、「採集してくると良かったのに・・・」と後悔していました。

帰り道は、車のライトを付けてノロノロ走行です。
夕暮れ 

このような雰囲気から1時間半ほどたって国道に出ることが出来ました。

初のキタクロオサムシをゲットできて嬉しい一日でした。

スポンサーサイト

テーマ : 四季 -春-
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。

とっても清々しいブナ林ですね。
まずはキタクロ採集おめでとうございます。
北海道にはまだまだオサムシいますので、楽しみですね。
オサムシはつ~んとした臭いを出しますが、毒はありません。ただし酸なので皮膚の弱いところや目に入ったら危険ですよ。

わたしとしては、今年こそヒメオオクワを撮影したいのですが・・・

あっ、来週火曜は休み(多分)なので、いろいろ徘徊した後、穂別へシラキの様子見てこようと思います。
晴れればですが。

大変ご無沙汰してます。
たまに覗きには来ていたのですが・・
コメントの1つも残さないですみません。

ヒグマの糞ですか?
気をつけてくださいね!
鈴をつけて歩いたり、大声で歌でも歌いながら歩かれた方がいいかも・・です。

とっても収穫の多い1日でしたね。
よかったね!

geckoさんへ

こんにちは。
キタクロオサムシは、まったく予想していませんでしたので、出てきてからアセってしましました。素早いので、何度も石の隙間に入り込まれましたが、ゲット(撮影)できて良かったです。
 いつも採集してこないので、うかつにもその場で無意識に離して来ました。帰り道で後悔しても時すでに遅しです。
 ヒメは昨日も見てきましたが、発見出来ませんでした。普通は、夏から秋に採集しますが、今の時期にも成虫が出現しているのです。
シラキトビナナフシは、5月28日と6月4日に確認しています。ミズナラの葉が開いているようなら可能性があります。

kirarafuuさんへ

こんにちは。
本当に久しぶりかも・・・
マレーシアに移住でもしたのかと?・・思って・・・
これからもよろしくお願いします。
 ヒグマは、最大の問題です。昨日のテレビニュースで、夫婦で山菜採りをしていて奥さんのほうがヒグマに襲われて死亡したという事が出ていました。
集落の点在する防風林での事です。
 山の奥では、ヒグマの生息地に入り込んでいるわけですから、慎重に大声を出して行動はしています。昨日もタケノコ採りに行ったのですが、獣臭いにおいが急に立ち込めてきたので、直ぐに撤退してきました。目の前にタケノコがあっても、命と引き換えには出来ませんので・・・。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。