スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高気温33度

Category : 自然の姿~夏
 久しぶりの更新です。
最近の暑さのせいで、野外観察などの虫活動が休止状態になっています。
毎日、毎日、暑い日が続いて、腕には汗疹ができてしまいました。
今日の暑さは、さらに格別でした。
夜中から暑くて寝付かず、外が明るくなってきたかどうかの辺りで、眠りについたような気がしました。
しかし、午前6時半には、暑さで目がさめてしまいました。
その後、気温はどんどん上がっていきます。
まさにうなぎのぼり状態です。
午後2時頃には、今季最高の33.0度を記録したようです。
この気温は、函館気象台の最高気温ベスト4に相当します。
33.6度がベスト1ですから、いかに高いかです。

室内は、当然、冷房など無く、軽く35度を超えています。
一番困ったのは、飼育中のナナフシたちです。
飼育ケースの中は、蒸し風呂状態です。
35度の室内で、蓋を開けてみると、もわっと熱気がケース内から出てくるのですから、
中の温度は40度近いと思います。
熱帯産のナナフシは、何とか持ちこたえていますが、
北海道産のシラキトビナナフシが次々に死亡していきます。
成虫は、かろうじて持ちこたえていますが、6令幼虫が死んでしまいました。
この気温が続くと、飼育ナナフシは大ダメージです。

最近は、この暑さで、山へ入っていません。
7月31日にナナフシのエサを採りに行った時に林道で出会った昆虫です。

ミヤマクワガタのメスが、とことこと歩いていました。
足を突っ張って固まっているところが何とも言えません。
ミヤマクワガタのメス 

次に出てきたのは、キタクロオサムシです。
こちらは、素早く動きまわるので、手でつかんでタッパーに入れてから撮影です。
持ち帰ってきましたが、タッパーを開けた時の匂いは強烈でした。
キタクロオサムシ 

標高370メートル付近では、オオヨモギハムシのペアがアキタブキに付いていました。
すぐそばにも、もう1ペアいたので、4頭を採集してきました。
アキタブキは、穴だらけで、まさに虫食い状態です。
オオヨモギハムシ種群 

そろそろ、シラキトビナナフシが成虫になる季節です。
今年は、あまり観察に出ていなかったので、飼育個体が非常に少なくなっています。
おまけに、この暑さで数を減らしてしまいました。

暑さに負けずに頑張らねば・・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 函館・道南・北海道
ジャンル : 地域情報

Comment

こんばんは。

今日はほんとに暑かったですね。
こちらはやや風が強かったのが、少し救いでした。

やはりシラキは暑さには弱いんですね。
うちのシラキ(初夏に採集した初齢)は、いつの間にか成虫になって、卵を産み続けております。
部屋もかなり暑いですが、なんとか元気のようです。(たぶん)


野外に出掛けるなら熱射病にお互い気をつけましょうね。


メールの件、了解しました。
帰宅したら返信しますね。

こんばんは。
北海道でも猛暑なんですね。
関東も毎日厳しい暑さです。
私は熱帯魚など飼っていますが、この暑さは正直頭が痛いです。
ナナフシも頑張ってくれるといいですね。

そちらではミヤマクワガタがいるんですね。
うちのあたりではもっぱらノコギリです。

geckoさんへ

こんばんは。
今日の暑さには完全に参りました。降参です。
シラキトビ、ニホントビ、タイワントビ、トゲナナなどが、死亡してしまいました。特に、シラキの幼虫は暑さには弱いようです。成虫は、何とか持ちこたえていました。
暑さには気をつけましょうね。

ぷらさんへ

こんばんは。
函館の最高気温は33度でしたが、函館気象台の歴代4位の最高気温でした。
ナナフシが死んでしまったくらいですが、本州の気温を見ると生活しているのが不思議です。
小さな生き物には辛い気温のようですね。
函館近郊では、オオクワガタ・ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタなどの産地があります。昔は、毎日往復100キロ以上走って探し回っていました。
おかげで、ガソリン代の下敷きになってしまいました。
猛暑には気をつけましょうね。

北海道で33度ってかなり暑いですね。
やっぱり自然にいるものは、異常気象だと
環境に合わせられないんでしょうね。

そういえば今日、ナナフシモドキをつかまえました。
つかまえた個体は友達が持っていると思いますが
うまく飼育できることを願っています。

オオヨモギは発生期間が長いですね。




ryoさんへ

こんばんは。
10日から出張でいなかったので、返事が遅くなりました。
33度の気温は、函館気象台では歴代4位の暑さです。1位が33.6度なので、過去最高と言っても良いくらいの暑さでした。
おかげでナナフシは倒れていきました。
野外に居れば生きれたかもしれないので、飼育も難しいものがあります。
ナナフシモドキは、卵を孵化させて飼育していたのですが、食草の農薬で全滅させてしまったので残念です。北海道にはいないので、次の個体を採集することが出来ないので、残念です。
オオヨモギハムシに最近はまってしまいました。
山へ行っても、ナナフシ探しが、いつの間にか、オオヨモギハムシ探しになっています。
暑さが厳しいので、虫とりは、暑さ対策に気をつけてください。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。