スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石の森

Category : 北海道の自然と観光
 9月の中旬になっても最高気温が27度もあります。
去年の今ころは、最高気温22度前後、最低気温10度前後で、今年がいかに気温が高いかです。

 先週の今日は、むかわ町穂別でシラキトビナナフシを採集して感激していたのですが、その時の走行距離が2日間で850キロもあり、今週1週間は疲労が溜まった状態できつかったです。

 穂別でシラキトビナナフシを採集したときに不思議な世界に迷い込んでいました。

つつじの広場を抜けると、いきなりタイムトンネルなる不思議な入り口が出てきました。

タイムトンネル 

辺りに人はいませんし、ヒグマの生活圏に入り込んでいるのは確かなので、真っ暗なトンネルは恐怖です。

恐る恐る中に入っていくと、かたつむりがたくさん付いています。

おまけにマダラカマドウマが天井部分を歩きまわっています。

命からがら向こう側に脱出することが出来ました。


光の先に見えてきたのは、原始の地球です。

化石の森 

恐竜やらアンモナイトやらが林の中にいます。

近づいてみるとアンモナイトは黄金色に輝いています。
アンモナイト 

横の笹原から異様な視線が感じられました。
ふと見ると恐竜がアンモナイトをくわえて笹から首を出しています。
誰もいないところで、遭遇すると恐怖感に捕らわれます。
ティロサウルス 
ティロサウルスのようです。

広場の中央には、首の長い恐竜までいます。
ホベツアキラリュウ 
ホベツアキラリュウというようです。

穂別は昔々海だった場所のようです。
シラキトビナナフシも生息していますが、渡島半島から穂別までの間では、シラキトビナナフシは発見されていません。
道南方面では、北は森町まで生息を確認していますが、八雲町から北側・東側では生息を確認していません。
八雲町から胆振地方東部の穂別まで空白地帯が続いています。

恐竜の化石も不思議なのですが、シラキトビナナフシが生息していることも不思議です。



スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

Comment

こんばんは。

こ、ここは!!
わたしも体感した恐竜の楽園じゃないですか!
(ある意味、お馴染みの)
なかなか面白い場所ですが、他の人がいたのを見たことがありません。
おそらくみんな食べられてしまったのでしょう(笑)

実は昨年、この場所にすごい量のマイマイガがおり、恐竜より恐怖を感じました。

geckoさんへ

こんにちは。
この雰囲気の世界に一人でいるというのは底知れぬ恐怖感が襲ってきました。
シラキトビナナフシに出会えたから気持ちが高揚していたのでこれで済んでいますが、シラキを採集できていないときだったら・・・太古の世界に引きずり込まれていたかもです。
でも、また行きたいところです。

初めまして

こんなパラダイスがあるなんて、不思議な場所ですね。

一体誰がなんのためにつくったのでしょうか?


ぼくも行って見たいです。

こんばんは。
シラキは変わった生息の仕方をしているのですね。

しかし、恐竜の模型もわざわざあんな森の中に
作らなくてもよかったのでは?

akiさんへ

こんにちは。
このパラダイス(恐怖の空間)は、ほべつ野外博物館という位置づけのようです。
ほべつは、昔々海だったので、アンモナイトやクビナガリュウの化石などが産出する地域です。
森のそばの町の方では、地球体験館や博物館などがあり、いろいろ楽しめそうですよ。
なにより、シラキトビナナフシが生息していますよ。

ryoさんへ

こんにちは。
シラキの生息場所に空白地帯があるというのは非常に興味があるところです。
ちょうどこの空白地帯には黒松内低地帯や石狩低地帯、支笏洞爺の火山帯などがあります。
いろいろ調べていますが、シラキの言葉が理解出来ないので本当のことは分かりません。
 模型は、太古の昔を再現するためにあえて森の中に作ったとおもいます・・。

なんだか楽しそうな町ですね。

これなら子供連れて行ってもかなり楽しめそうです。博物館や地球体験も行って見たいですね

水曜日に行ってみようかなぁ


ちなみに勝手にリンクさせて頂いちゃいました

今後とも宜しくお願い致します。

今年見れたらいいなぁと思いますが、時期的に厳しいかもしれませんね

一度は触って見たいムシです。

akiさんへ

こんばんは。
時間がなくて30分ほどしか居れなかったのが残念です。博物館や地球・・・にも行きたかったのですが・・・。
町自体は小さな感じですが、昔々海の底だったと考えると不思議な感じがします。
ゆっくり楽しめると思いますよ。
こちらもリンクさせていただきます。
ありがとうございます。

akiさんへ

時期的には遅くなりましたが、まだまだ生息していると思いますよ。
昨日、函館でシラキの成虫を1頭採集していますよ。
ミズナラ・コナラの枝を網や棒などで叩いてやるとポトリと落ちてきます。
また、下の笹の葉などに付いていることも多いので、全体的に見て歩くといいと思います。
薄暗い場所よりも日当たりの良い開けた場所の方が確率が高いです。

今日行っちゃいました

イロイロと教えて下さって有難うございます

リンクの件も有難うございました。

帰りは午後4時を過ぎていたし、今日は博物館などはたまたま休館だったためどこにも寄れずにまっすぐ帰宅しましたよ、残念ちん

でも来てよかったです。

子供達も恐竜を見れておおはしゃぎでした
有難うございます。

何か飼育してわからない事など、気になることがあれば連絡しますね。

akiさんへ

こんばんは。
博物館などは残念でしたね。
シラキも採れたし、何よりも子供さんが喜んだのは一番ですね。
飼育では、エサの交換時期に注意してください。
ミズナラ・コナラは枯れやすいので、クリの葉の方がいいかもしれません。
卵は、小さいので注意して見てください。
HP「ナナフシの森」も参考にしてくださいね。

はい
有難うございます。

子供達のはしゃいでる姿は本当に幸せな気持ちになりました

HPも参考にさせていただきます。

クリの葉も食べるのですね、しかももちがいいなら今後はクリにしたいところです。

でもナナフシちゃんはどちらが好きなのかなwwww出来れば好きなエサと一緒に入れてあげるかも

冬のエサ確保が心配ですね。

akiさんへ

こんばんは。
今日辺りだと寒かったかもしれませんね。
最高のタイミングだったかも、子供たちが喜べたのは一番です。
シラキのエサは、こまめに交換(4~5日)するといいですよ。
エサ枯れに気づかずに死なせたことが何度もありますので・・・。
上手く長生きすると雪の降る11月、12月まで持つ個体がいます。
秋が深まると、緑の多い葉を探して与えたりしました。
冬場のエサは、温室で確保して置かなければ、北海道の野外では無理です。
本州のシラカシやアラカシを取り寄せておくと、常緑樹なので何とかなりますが、
たいていのショップでは農薬の問題があります。
冬場は卵を保管して、春に孵化するのを楽しみに待つのが一番かもしれません。
真冬のエサの確保は、本当に大変ですよ。

遅くなりましたがご報告致します。

22日に採集した個体ですが
体調は

50ミリ×2匹
45ミリ×1匹
48ミリ×1匹

24日現在は卵が38個です。

今はミズナラの葉をケンザンにさして与えています。

元気に育ってくれることを願ってます。

akiさんへ

こちらこそ遅くなりました。
色々と用事が重なってしまいました。
採集個体の大きさありがとうございます。
50ミリ以下が多いのですね。
函館の方は、50ミリ以上の個体が多い感じがしています。もっと調べないとわかりませんが、地域による個体の大きさに傾向があるのか、興味あるところです。

函館方面のシラキトビナナフシもいつか見てみたいですね

頑張って年越し飼育をしてみたいです

akiさんへ

こんばんは。
機会があれば函館方面のシラキも採集してください。いろいろ情報を紹介しますので。
昨年の函館での野外の最終目撃は、10月31日でした。氷点下近い気温の中で生存していた個体です。
飼育下では、12月14日まで生きていました。
頑張って年越させてみてくださいね。

有難うございます。

その時は是非宜しくお願い申し上げます、また飼育も頑張ります。

たまに成長記録をblogでアップしますのでよければ遊びに来て下さい

akiさんへ

こんばんは。
今日、山へいきましたが、シラキに出会えませんでした。急激に気温が下がったので、見つけるのが厳しくなってきました。
冬へ向けての楽しみは、産卵された卵を探し出すことです。山の中で、長径2ミリの卵を探し出すのは大変ですが、見つけた時の感動は最高です。
ブログに遊びに行きます。
これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。