スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初氷を記録しました。ナナフシは元気です!

Category : シラキトビナナフシ
 今朝、函館で「初氷」を記録したそうです。札幌の近くの中山峠では、先週から雪が降っているそうです。我家でも日中以外は、ストーブが必要になっています。

 我家のシラキトビナナフシは、いまだに元気にしていますが、困ったことが起こっています。エサのクリの葉が野外では、紅葉してきて枯れ始めていることです。また、飼育ケースにいれても2・3日で黄色くなり枯れ始めてしまうのです。葉が枯れてくるとシラキトビナナフシは、ケースの壁面をうろうろ歩き始めます。

 今日、えさ交換をしたところ、すぐに葉を食べ始めました。いつまでも長生きをしてほしいとは思っていますが、寿命より先にエサがなくなるのが心配です。
元気なシラキトビナナフシ


 最近、シラキトビナナフシのことを調べるために、市立図書館や大学図書館などに通っていますが、その中で、かなり古い図鑑が出てきました。

 『日本昆蟲圖鑑』という名前で、北隆館から1932年(昭和7年)に出版されたものです。
 さすがに75年前の本だけあって、ほこりまみれになっていました。しかし、そのナナフシのページの内容は、当時のナナフシの専門家である素木博士が書いたようで、非常に詳しいものになっています。
『日本昆蟲圖鑑』


 この図鑑は、2400ページ弱の量になっていますが、その中でナナフシには4ページが割かれています。

 直翅目、竹節蟲科として、8種類が記載されていました。
   こぶななふし(新種)
   とがりななふし
   とげななふしもどき(新種)
   ななふし
   ひげながななふし
   とびななふし
   たいわんとびななふし
   ほしとびななふし

 この中で、「ほしとびななふし」は、「台湾恒春地方のみに産す」とあり、日本昆虫図鑑に含まれているところが、時代の違いを感じさせます。
スポンサーサイト

Comment

エサの確保大変そう。

ぼくは熱帯魚を飼っていますが、これのエサなんて店で売ってるので何の苦労もないですが、昆虫は大変なんですね。
クリの葉が取れなくなったら どうするのでしょう?
冬眠とかは しないのでしょうか?
今後を期待・・・ではなく(笑)、心配します。

エサの確保が大変

 じぃあさん、コメントありがとうございます。
確かにエサの確保が限界になってきました。
今週中には雪が降ります。こうなったら「ナナフシの
運命はいかに?」というところです。
人間も、最近の小麦高騰にみられるように、ナナフシと同じような状況にいるのかもしれません?
これからもよろしくお願いします。

>「ナナフシの運命はいかに?」

あ~、やっぱエサの確保が大変なんですね。
春まで生き延びてくれれば一安心ってとこですね。

☆になりました・・・・

 じぃあさん、こんばんは、
せっかく心配していただいていたばかりなのに、
今日、☆になってしまいました。
ちっちゃな虫ですが、生き物が☆になると
さみしいものです。
今度は、「このブログの運命はいかに?」に
なりかねません・・・・。

わたしのナナフシはどれかなあ

ナナフシにこんなに種類があるのですか。
わたしが撮ったのは、これのうちどれなのか、知りたいとおもいます。

ナナフシ捜索中

 こんばんは、七里さん。
ナナフシの仲間は、日本には18種類ほどいるそう
です。世界には2500種類以上と言われています。
北海道には、シラキトビナナフシしかいないようなので、残念です。
 七里さんの撮ったナナフシは、現在捜査中です。
写真がたくさんあって、ナナフシを見つけられないでいます。わかりましたら連絡いたします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。