スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走のシラキトビナナフシ

Category : シラキトビナナフシ
 12月のことを「師走」というだけあって、何やら忙しい毎日が続いています。
季節も、秋と冬の綱引き状態が繰り返しつつ、確実に冬が勝利しつつあるのが実感できます。

函館の街では、クリスマスファンタジーも始まりました。
海に浮かぶ毎年恒例の「巨大クリスマスツリー」です。点灯式には間に合いませんでしたが、手持ちカメラで写してみました。
クリスマスツリー 

 寒さも厳しくなり、クリスマスの雰囲気が街に広がりつつある中、我家のシラキトビナナフシの様子をお知らせします。

 12月4日、むかわ町穂別で採集した3頭(9月11日採集)は、この寒さのため動きが鈍くなってきていましたが、ついに2頭が死亡してしまいました。12月1日には生存していたのですが、エサのクリの葉が枯れてしまったのが一番の原因のようです。
シラキトビナナフシ(穂別産) 

新産地の個体なので、標本にして保存することにしました。
シラキトビナナフシ(穂別産) 

他の産地のシラキは、寒さのために動きが鈍ってはいますが、5頭が残っています。
下の個体は、函館市東山町産の2頭のうちの1頭です。やや弱っていますが、まだ産卵を続けています。
シラキトビナナフシ(東山町産) 

 この東山町の個体の2頭のうちの1頭は、異常に小さな卵を産み続けています。
左側の4個の卵は、ほぼ正常な大きさの卵です。
右側の3個は、異常に小さな卵です。
普通は、腹部内には、右側のような小さな卵の卵が詰まっており、成熟して一定の大きさになってから産卵されるのですが、
何らかの理由で、成熟する前の卵の卵が産み落とされていると思われます。
異常に小さな卵 

 エサのクリの葉やコナラ・ミズナラは、野外では採集不可能になっています。
シラカシは常緑樹で冬場のエサに都合がいいのですが、北海道では自生していません。
鉢植えのわずかな数の葉を一枚づつ直接与えて見たところ、堅そうですが、何とか食いついています。
シラカシとシラキトビナナフシ 

 シラカシのおかげで何とか生存している個体が、5頭いたのですが、昨日(12月8日)最後の穂別産シラキが死亡してしまいました。気温の急激な低下で、飼育場所の温度が数度くらいしかありませんでした。
死亡の直前まで産卵をしているので、4個の卵がありました。
急遽、残る4個体は室内の暖かい場所に移しました。
シラキトビナナフシ(穂別産)の死

 室内には、南国産のアマミナナフシやコブナナフシ、タイワントビナナフシ、などなど、その他多数のナナフシが数知れずいます。
一番の悩みは、冬になってエサがなくなっていることです。
何とか、種類ごとの代用食を用意したりしていますが、春の芽吹きまでの約5ヶ月間をしのぐのは大変です。

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんばんは。

こちらは明日からしばらく雪が降り続き、雪もやっと積もりそうですが、そちらはいかがでしょうか?
やっとクモガタガガンボが発生し、採集できそうな時期になったといえますが、天気が悪いと結局何もしないで年を越してしまうかもと心配しています。

現在は大人しく、溜まりに溜まった採集ブツをちょこちょこと標本作成しております。

うちのシラキは採集したのが初齢の2個体だけなので、今回それほど多くの卵は得られませんでしたが、孵化のためにクーリング処理中であります。

geckoさんへ

こんばんは。
なんだかんだで遅くなりました。

気温が急激に下がって、積雪もあり、クモガタガガンボの時期になったのかもしれません?
あまりの寒さに、観察・採集に出かける意欲と気力が湧いてきません。このままでは気がついたら年明けになっているような感じです。

ナナフシのエサ採集もあるので、近いうちに山へ行ってみます。
シラキは今だに2頭が頑張って産卵しています。
何とか新年まで飼育を継続できるといいのですが、綱渡り状態です。
他のナナフシの冬期間の餌探しも大変です。

nanahusi様こんばんは。

ナナフシの餌…特に南国系のは餌の確保が大変ですよね。

私は室内外で常緑種含め色々と栽培は細々していますけど、
後は食しそうな葉を公園行っての確保です;^^

北海道では特に寒さも一際厳しいでしょうから大変ですね。

Zeroさんへ

こんばんは。
北海道では、ナナフシの餌になるような常緑樹は限られ、特定の種類にしか餌になりません。
北海道で特に致命的なのが、ブナ科のシラカシ・アラカシなどの常緑樹が全くないということです。キイチゴ類やバラ類も全て枯れてしまいます。
ナナフシが巨大であったり、数が多かったりすると、鉢植えの葉などあっという間に食い尽くしてしまいます。
兎に角、冬のエサ確保は至難の業です。

Zeroさんとこのナナフシは興味深い種類が多いですね。今後ともよろしくお願いします。

nanahusi様こんにちわ。

こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

家は生体はほんの数種類で、あとは春先の発芽待ちです。
年が明けたらもうちょっとブログも充実できる様な気が…(;´▽`A``

あと、ブログリンクさせていただいても宜しいでしょうか?

Zeroさんへ

 こんばんは。
リンクの件は、よろしくお願いします。
こちらもリンクさせていただきますね。

ナナフシの卵が孵化してくるのを待つのは、とても楽しみです。ほぼ1年中、何らかの卵が孵化してくるので毎日が楽しみの連続です。
春先の孵化ラッシュはさすがに大変です。
シラキトビナナフシなどのブナ科のエサが開葉する前に孵化するので、非常に苦戦します。

Zeroさんとこの、春の孵化を楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。