スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コブナナフシの産卵

Category : コブナナフシ
 クリスマスも無事?終わりましたが、大雪で大変な事になっています。
朝起きると、一面の銀世界です。積りに積もった雪をかかなければ車も出せません。

ちょうどクリスマスイブの日に、SL列車を見た時から大雪が始まったのです。
国道5号線を走っているとき、行く手に真っ黒い雲が突然現れました。
なんだ、なんだ、と思っていると、右手の線路に蒸気機関車が走ってきました。
とっさにカバンからカメラを出してハンドル片手に写したのが、この1枚です。
12月4日から25日までのクリスマス限定の汽車で、SLはこだてクリスマスファンタジー号です。

SLはこだてクリスマスファンタジー号 

 この大雪の中、昨年の12月25日のクリスマスに孵化したコブナナフシは、元気に産卵しています。
3ペア6頭のコブナナフシは、初令から成虫・産卵まで1年を要しました。

コブナナフシのペア 

スリムな体型のナナフシが多い中、ゴツゴツとしたロウ細工の様なコブナナフシのペアです。
下の大きい方がメス、上の小さい方がオス、いつもペアでいます。

オスは、小さく体長40ミリ前後です。
コブナナフシのオス 

メスは、体長50ミリ前後、腹部の幅は10ミリほどあります。
コブナナフシのメス 

産卵は、1週間に1個ほどという超スローペースです。
卵の周りには、細かな毛のようなものが生えていて、これがマジックテープのようにガーゼやワタにくっつきます。
よくみるとゴミがまとわりついています。
コブナナフシの卵 

これからどのくらいの期間産卵するのかまだわかりませんが、何とか長生きをしてたくさん産卵して欲しいものです。


スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

こんにちは

コブナナフシってゴツゴツしていてカッコイイですね


そう言えば、ナナフシの卵ですが、今我が家でプリンカップにいれてますが、室内に入れてます。

これは外に出しといたほうがいいですかね?
あと、卵はどうやって保存しておくんでしょうか?

akiさんへ

コブナナフシは、じっとしていることが多く、動いているのをほとんど見ません。しかし、1年から2年くらい長生きするようです。時間が止まった様な感じです。

シラキトビナナフシの卵は、冬を経験させないと孵化してきませんよ。
室内の気温が高いところだと、卵のままでしょう。
室内でも、最低気温が数度程度の玄関や階段などであれば休眠が破れて春に孵化してきます。
中途半端な寒さだと、休眠が破れても1月とか2月に孵化してくる場合もあります。
ミズナラ・コナラが開葉する5月中旬まで孵化しないように調節したほうがいいです。
毎年、エサ無しで多数死亡させてしまっています。

保管ケースは、プリンカップで十分ですが、そのままですと乾燥しすぎるかもしれません。
ワタ、ガーゼ、土、バーミキュライトなどを敷いて、水分を含ませ保管するとよいでしょう。
カビが生えてきますが、あまり気にせず放置しておいても良いです。

孵化しなかった卵も捨てずに、来年まで保管してください。一粒で2度、3度と楽しめる可能性がありますので。

詳しくは、「ナナフシの森」を探してください。

有難うございます。

帰ったらみてみますね。
来春が楽しみですね

akiさんへ

こんばんは。
HP「ナナフシの森」の「シラキトビナナフシの窓」に
「シラキトビナナフシの長期休眠現象」や「シラキトビナナフシの2009年卵の孵化」などがありますので、参考にしてみて下さい。

アラカシは、春が近くなったら、暖かい場所で新葉を開かせておいたほうがいいかもしれません。

何だか、春が楽しみです。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。