スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シラキトビナナフシの冒険

Category : シラキトビナナフシ
  久しぶりの更新です。 1ヵ月ほど前の6月16日(日)のシラキトビナナフシの野外観察の様子です。

この日までに5頭のシラキトビナナフシを見つけていましたが、観察を始めてすぐにミズナラの葉裏に初令を発見しました。
シラキ第6号です。
シラキトビナナフシの初令(第6号) 

このすぐあとで、遊歩道の木柵にシラキの初令がウロウロしていました。
木柵からしきりに身を乗り出していたので気になって見ていると、風が吹いたとたんに地面めがけて飛び出しました。
シラキトビナナフシの初令(第7号) 

下に落ちたシラキ7号は、アリをよけながら一目散に走りました。


2メートルほどの遊歩道を無事に渡り終えたシラキ7号は、ミズナラの幼木に登り、葉を食べ始めました。
シラキトビナナフシの初令(第7号) 

シラキトビナナフシの初令(第7号) 

いつも木柵に登ったシラキはどうなるのか気になっていましたが、風を使って飛び降り、エサのミズナラまでたどり着くことが出来ることがわかりました。

その後、シラキ8号を別の木柵で見つけました。
シラキトビナナフシの初令(第8号) 

次は、6月23日のシラキトビナナフシの新産地について書こうと思います。



スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

No title

こんばんは。
木柵の幼虫が意図的に登ったのかは分かりませんが、再び歩いて降りるよりは、飛び降りた方が早いという事、そして風にのった方が更に遠くに移動できるという事を知っているような行動に驚きました。
飛距離はとても短いですが、これを繰り返すことで、道内での分布域を広げていったのでしょうか・・・と考えると実に興味深い行動です。

冒険するシラキのアリに対する反応が思いのほか機敏で、そしてコミカルで笑えてしまいました。
やはり危険というのを知っているんでしょうね。

geckoさんへ

 こんにちは、一ヶ月前の観察ですが、なかなか興味ある行動でした。
孵化した幼虫が木柵などに登っていますが、エサもなくどうなるのか気になっていましたが、今回のように行動してエサにたどり着いているのかも知れません。
 アリに対する反応速度は素晴らしいものがありますね。アリの来た方向とは反対方向に進路を取るところは生まれながらに身についているようです。
 次は小樽市・島牧村・せたな町のシラキについてです。分布の様子について確信的なものを感じましたのでお楽しみに・・・。

No title

こんにちは。動画面白かったです。
アリと接触した後の素早い動き、ワタシも笑わせてもらいました。
孵化してからミズナラの葉にたどり着くまでは、
シラキ幼虫にとって生死を左右する危険な時間なんでしょうね。

kimiさんへ

こんにちは。
視聴ありがとうございます。シラキのすばやさには感心しました。
孵化してからエサなしでは2日から3日が限界のようです。
このシラキは、葉にたどり着くなり食べ始めていたので、よほどお腹が空いていたと思います。
珍しい場面が撮れてよかったです。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。