スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥の知恵?

Category : 自然の姿~冬
 今日は、最高気温が3度しかありませんでした。ここ2・3日の暖かさがうそのように、またまた寒くなってきました。日中も雪がちらついており、さらに寒さが厳しくなるようです。 

 先日(11月25日)、スズメバチの巣の跡を見つけたときに、小鳥の巣の跡も見つけていました。
 人の背丈ほどのところの枝にぶら下がっていましたが、冬になって草や葉がなくなったので見つけれたと思います。ヒナが育っている頃には、まったく人目につかないでいれたと思います。冬だからこその意外な発見です。

小鳥の巣跡


 しかし、近づいて見ると何か違和感を覚えました。小鳥の巣材が何か違う・・・。
小枝や枯れ草、ミズゴケなど、ここまではいいのですが、青や白のビニールが巣の中に編みこまれているのです。木の枝と巣が青いビニールでつながっています。

小鳥の巣跡の拡大


 本来、冬になって木の枝から落ちていると思われますが、ビニールのひもが小枝に巻き付いているので、おそらく半永久的に落ちないと思います。

 自然の中で暮らす野鳥が、人間の作ったビニールのひもを巣材につかっています。何本も巣に編みこんでいるところは、ビニールが丈夫と知っていて使っているのでしょうか?
 以前、街中のカラスの巣に大きな枝に混ざって、クリーニングの針金で出来たハンガーが何本も使われているのを見たことがあります。

 人間と自然との共生といえるのかどうか?・・・
よくアザラシや野鳥・野生動物が、ビニールを食べて死んでいるのが発見されたというニュースを見ることがありますが、何か複雑な気持ちになって林を出てきました。


スポンサーサイト

Comment

自然は学ぶことがいっぱいです。

以前、カラスがハンガーを奪う瞬間を見たとき、そのあざやかさに、拍手しました。
でも、共生はほんと難しいですね。
ナナフシさんの家から林は近いのですか?
だとしたら、ステキな環境ですね。

ヒグマもいるかも?

 こんばんは、とりぶうさん。
自然と接している時は、気持ちが落ち着きます。
 いつも行っている林は、函館市の北側の丘陵地で150m位の標高です。そのまま1000m級の山まで緩やかに続いています。
 家からは、8kmくらいで、街中を通るので車で20分位です。そこから5分も行くと、完全に山に入ります。ヒグマ出没注意のカンバンのあるところです。
 宮古島の環境もうらやましいと思っています。

はじめまして。訪問履歴から来ました。
飛騨地方ではまだそのような巣は見たことがありませんが、不燃物が巣に混じっている姿は胸が痛くなります。。。
過去記事を今読ませていただいてます。また遊びに来ます。

飛騨のひとさん

 初めまして、飛騨のひとさん。
訪問ありがとうございます。
飛騨高山には、一度行きたいと思っています。
 この巣を見て、私も同じような気持ちになりました。
 これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。