スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点下の虫たち

Category : 昆虫
 昨日の函館は、最高気温がマイナス4.3度、最低気温がマイナス9.5度の超真冬日でした。雪も粉雪状態です。

 朝から洞爺湖方面へ出かけ、夜に帰ってきたのですが、どこへ行っても函館より気温が低く、日中でもマイナス7度から8度くらいでした。

洞爺湖

 真冬日洞爺湖、このときはマイナス7度くらいでした、湖面を吹き抜ける風が強く、体感温度はさらに低く感じます。
 この日、道東の陸別というところでは、マイナス23度くらいになったそうです。

 

 こんな気温の北海道ですが、林の中では、昆虫がひっそりと生きています。

 今回登場してもらうのは、1月7日に見つけた昆虫たちです。

トゲハネバエの仲間です。

トゲハネバエの1種

 前翅の前縁にトゲ状の毛が等間隔にならんでいるので、トゲハネバエの1種であると思われます。いろいろと調べたのですが、ミヤマキイロトゲハネバエ、センチトゲハネバエ、チャバネトゲハネバエなど20種ほどもいるようです。具体的な名前は、わかりませんでした。

 

 次は、ハバチの仲間ではないかと思います。

ハチの仲間1

ハチの仲間2

 体がずんぐりしていて、尾が短い、1cmにも満たない小さな虫なので、ハチなのかどうかもよくわかりませんでした。調べてみたら、このずんぐり体型は、どうもハバチに似ています。ハバチも種類が多く、可能性として、カラマツに加害する、ミスジヒメカラマツハバチか、カラマツキハラハバチ、カラマツアカハラハバチかもしれません。もう少し継続して調べてみようと思います。

 

 次も、名前がわかりません。ガガンボの1種です。

ガガンボの仲間1

ガガンボの仲間2

ガガンボの仲間3

 こちらも1cmより小さいガガンボの仲間と思われます。

雪の上を活発に歩き回ったり、飛んだりを繰り返していました。

三枚目の写真に、平均コンが見えています。

この個体は、右の前肢が取れていました。たくさんではありませんが、林の中でよく見かけました。

 

 こちらは、クリオオアブラムシと思われます。

クリオオアブラムシ

 雪の上に2㎜ほどの点が見えました。よく見ると動いています。

 あまりにも小さいので、初めは何かわかりませんでしたが、もしかして、クリオオアブラムシではないかと思い、11日に、函館市内のクリオオアブラムシのいたミズナラの木を調べてみました。

 樹高2mくらいの小さなミズナラですが、クリオオアブラムシが卵を産んでいる木です。この木の下の雪の上にまったく同じものがいました。クリオオアブラムシの仔虫に間違いないと思います。

 しかし、仔虫で生きていたのか、卵が孵化したのかは、わかりませんでした。11月頃には、仔虫と親虫、卵が同時に見られましたので、仔虫として生きていたのではないかと思います。

 最後は、ムラサキトビムシです。

ムラサキトビムシ

 こちらは、前にも登場しています。とにかく小さく2㎜くらいしかありませんが、せわしなく雪の上を歩き回ったり、跳ね回っています。

 雪の上には、かなりたくさん見られ、新雪が積もっていても、その上に見られます。

 

 今回登場した虫たちは、どれも小さく、目立たない存在です。

 冬の時期でなければ、見向きすらされないような虫たちです。ハエ、ハチ、ガガンボ、アブラムシ、トビムシ、どの虫をとっても、人間に嫌われた存在でしかありません。

 大型の昆虫が雪の上を歩くことはありませんし、成虫で越冬する種にしても、冬眠状態でいるはずです。

 しかし、この小さな虫たちが、この真冬日に、冬眠しているのではなく、活発に動き回っている姿を見つめていると、その生命力には感心せざるを得ません。

 

  

 

 ブログランキングに参加しました。よろしくポチお願いします。

           ← ここを押すと気合が入ります!

  

現在の函館の状況は、こちらから。(函館山山頂のHBCライブカメラ) 

 ホームページ 『トビナナフシの森』 も見てくださいね。 こちらです。 

 

スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

Comment

氷点下の虫たち

こんにちは。
こちらでさえまったく空振りというのも珍しくないなか、雪の林の中でこれだけ虫の画を集められたのはすごいですね。
しかし、雪の中にも動き回っている昆虫がいるんですねー。
こちらもカガンボやハエ、アブなどをかろうじて見かける程度です。
カガンボの平均コンは細長いのですね、今にも折れてしまいそうです。

コモレ日和さんへ

 こんばんは。

 このような虫ばかりですが、この時期は、これが限界です。
 材割や、石をはがしたりすると、冬眠中の甲虫なども見つかるとは思いのですが・・・。
 今日も、山へいったのですが、日中なのに氷点下5度くらいの気温に加えて、風速10数メートルの強風でした。
 さすがに体が持ちません。カメラの電池も10分と持たないのです。
 虫探しから、雪の姿を写すことに変更しました。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。