スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁火光柱

Category : 函館の風景

 昨夜、気温が氷点下5度と、少し寒さが緩んできたので、津軽海峡漁り火を写しに行ってみました。

函館郊外の高台から津軽海峡を見下ろしながら、ポイントを変えて撮影していました。



その時、津軽海峡の上に、珍しい、漁火光柱(いさりびこうちゅう)が突然現れました。

 

津軽海峡の漁火光柱


漁火光柱2


漁火光柱3

 

 この漁火光柱は、わずか数分で消えてしまい、この日は2度と現れることはありませんでした。

 

 この日は、函館郊外の高台から漁り火を撮影しましたが、普段はこのように見えています。

漁り火1

 こちらは、函館石川啄木の歌碑のある大森浜から、立待岬方向を写したものです。

大森浜の漁り火

 

 津軽海峡漁火光柱は、めったに見られません。

 この漁火光柱は、太陽や月の周りにできるカサの仲間のようなものです。

 津軽海峡の上空に巻層雲のような薄い雲が流れ込んできて、その雲を構成している六角形の氷晶に漁り火の強い光が反射して出来たものです。

 以前、日本海側の山に昆虫採集に行った時、突然、山の上空に何十もの光注が出現し、その幻想的な雰囲気に驚かされたことがあります。

 

 

 ブログランキングに参加しました。よろしくポチお願いします。

           ← 漁火光柱に感激したらポチ

  

 

現在の函館の状況は、こちらから。(函館山山頂のHBCライブカメラ) 

 ホームページ 『トビナナフシの森』 も見てくださいね。 こちらです。 

 


 

スポンサーサイト

テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

Comment

これはすごいですね!

まるで、魂が空にのぼってゆく瞬間というかんじです。神秘的ですね!
寒いけど、いろんな不思議を発見したときは、こころが熱くなるんじゃないでしょうか。
いい写真をありがとうございました!

 こんにちわ。

 これは、思わず絶句しました。なんという幻想的で神々しい光景なんだろう。目の前で見ることができたなら泣いてしまうかもしれません。

 ”漁火光柱”という名前も初めて聞きました。本当にすてきな写真です。いい目の保養になりました。(って、年寄りか)

 ありがとうございます。

漁火光柱、初めて聞きました。
珍しいものなんですね。
天から光が下りてきて厳かな雰囲気です。

●ご報告

ページが違いますが、冬のカラスpart2の八幡坂から港を見下ろす写真に関連して「やんま工房」につたない記事を書きました。お名前とタイトルなどの表記があります。謹んでご報告申しあげます。

すごい!すごい!すごい!
こんなの、初めて見ました。
漁火光柱っていうんですね。
地元でも、珍しいんですね。
これって、きっと、冬の寒い時に、たまにしか現れない現象なんでしょうね。
見れて良かったですね。
私も見れて良かったです。
-5度・・・それでも、寒いwww
風邪ひかれませんように☆

とりぶうさんへ

 こんばんは、とりぶうさん。

 この光柱が見えたのは、ほんの数分間でした。
あせって写真を撮っているうちに、天に昇っていくように光が薄くなり消えていきました。
 興奮が収まらず、しばらく再出現を待ったのですが、時間と寒さであきらめました。
 このような現象に出会ってしまうので、ますますのめりこんでしまいます。

 これからもよろしくお願いします。

りんがむさんへ

 こんばんは、りんがむさん。

 絶句していただきありがとうございます。
 実際に見たときは、感激して、すごい、すごいの連発でした。
 刻一刻と光柱の長さや輝きが変化し、しばし寒さも忘れて、カメラを向けていました。
 最高に輝いたときの写真が、最高にぶれてしまい、涙、涙です。強風でぶれていたのです。
 私自身、いいもの見させてもらったと感激し、寝付けませんでした。
 これからもよろしくお願いします。
 

aoikesiさんへ

 こんばんは、aoikesiさん。

 地元にいても、この光柱を見ることは、まれです。
この時期、漁り火をカメラに収めようと思う人もほとんどいないので、まさに自分だけの世界という感じでした。
 条件が良ければ、船の数だけ光柱が空に立ち並ぶことがあります。そのさまは、オーロラなのかと錯覚するくらい美しい光景です。

 これからもよろしくお願いします。

七里さんへ

 こんばんは、七里さん。

 「やんま工房」の記事、拝見させていただきました。
 ありがとうございます。
少し、鼻の頭がくすぐったくなりました、素直にうれしいです。

 これからもよろしくお願いします。

kirarafuuさんへ

 こんばんは、kirarafuuさん。

>すごい!すごい!すごい!
私も、その場で、思わず口にした言葉です。
実際の雰囲気は、もっともっとすばらしいものです。
広い空間の中に、光柱が、一直線に空を貫いていく、なんとも言えない感動です。
 頭の上には、冬の星座も輝いていて、後になって思ったのは、星座も写せたらすごかったのにと。
 
 これからもよろしくお願いします。

おくればせながら

こんにちは、ハイランだーと申します。昨夜はどうもありがとうございました。
とても素敵な漁火光柱の写真を拝見させて頂き、嬉しく思っております。いくら拙い文章で「すっげー」などと連呼したところで、この感動は伝わるものではありません。百聞は一見にしかず。おかげで、皆様に説明する時には「こちらの写真を見て下さい」と言えます。
これからも素晴らしい写真を楽しみにしております。
まだまだ寒気厳しき折柄、お風邪など召されませぬようご自愛下さいませ。

ハイランだーさんへ

 こんばんは、ハイランだーさん。
 「漁火光柱」など、普段見慣れない自然現象を見ると、興奮するものです。
 その後、津軽海峡を見るたびに、光柱を期待しているのですが、見ることができていません。
 今度こそ、もっといい写真をと思っているのですが、そうは問屋がおろしてくれそうもありません。
 これからもよろしくお願いいたします。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。