スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けあらし

Category : 自然の姿~冬

 昨日は、連続の真冬日でした。
最低気温がマイナス12度を超え、連日のマイナス10度以下です。

 そんな寒い気温の中、仕事前に海岸でけあらしを見ました。

けあらし1

 北海道と本州の最短地点、 汐首岬方面の海面に、もうもうと湯気のように水蒸気が立ち上がっています。

これが、北海道でけあらしと呼んでいる冬の風物詩です。

けあらし2

けあらし3

 刻一刻とわき立つ様子が変化していきます。

けあらし4

 

 「けあらし」は、左手の函館市銭亀沢、戸井方面から汐首岬を越え、津軽海峡に広がっています。

このときは、すでに太陽も昇りきっていますが、気温はマイナス8度しかありません。

けあらし5

けあらし6

 津軽海峡の沖合いが白く見えるのは、「けあらし」が一面に広がっているためです。

 

 この「けあらし」は、気温がもっとも低くなる日の出前後に多く発生します。気温が上がり始めると消散していきます。

 

 この「けあらし」が起きるのは、まず夜間に放射冷却で陸地の空気が冷やされます。

その冷やされた空気が重いために山から谷や川を伝ってゆっくりと海面に流れ出します。

海面上に流れ出した冷たい空気は、暖かい海水と触れ合うことによって蒸気霧を発生させます。

この蒸気霧がもやとなって沸き立ったものを、北海道では「けあらし」と呼ぶのです。

 

 この「けあらし」が現れやすい条件としては、冬型の気圧配置が緩みだして季節風が弱まった、マイナス10度以下の気温の低い日です。

 海水の温度と流れ込んだ空気の温度の差が15度以上あって、風速が2から4メートルくらいの弱いときによく起こります。

この「けあらし」が見られるくらい「シバレた」朝は、日中も穏やかな晴天になります。

 石川啄木の「一握の砂」で有名な大森浜から、函館山方向を望むと、まさに真っ青に晴れ渡った空が広がっています。

大森浜から望む函館山

  今回は、時間がなかったので、大森浜からの撮影でしたが、汐首岬の方面へ行くと、「けあらし」の中を進み行く漁船などを写すことができます。

 また、過去に一度みたことがあるのですが、日の出前の薄暗い津軽海峡を見下ろす高台から「けあらし」を見ると、海面全体が「けあらし」につつまれ、幻想的な世界が広がっています。

 一度、カメラに収めてみたいものです。

 


 ブログランキングに参加しました。 よろしくお願いします。

         

  

スポンサーサイト

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

Comment

早朝より撮影されたのですか?
最初見た時、何かと思いました。
うぉ~って感じ。
もちろん、こういう現象を見たことがありません。
すごいですね。
瀬戸内海の海は、いつも、穏やかで、同じ海でも、見たことのない現象がいっぱい紹介されて、勉強になります。
知らない世界がいっぱいです。
風邪などひかれませんように。

こちらでは見られない珍しいものを見せていただきました。ありがとう。

 こんばんわ。

 先日の漁火光柱といい、この”けあらし”といい、北海道というところは本当に不思議な光景が見られるところだな、とため息をついています。(そこで暮らしておられる方にとってはそれどころではないのでしょうけれど)

 説明がなければ、”津波だっ!?”と思ったでしょうね。”にげなくちゃっ!”みたいな。

 厳しい寒さの中、すてきな写真をありがとうございました。

kirarafuuさんへ

 こんばんは、kirarafuuさん。
 「けあらし」は、日の出前後の気温の一番低いときが見所です。
 夜更かしなナナフシにとって、朝一番というのは辛いところです。
 けあらしの一番よく見えるところまで、20キロくらいあるので、仕事前だったので、いけませんでした。
 近くなら、もっと迫力ある幻想的な世界を見れるのですが・・・。
 瀬戸内海も何度か見ていますが、海と島の雰囲気が気に入ってます。

aoikesiさんへ

 こんばんは、aoikesiさん。
 この「けあらし」は、地元の新聞やテレビでもニュースとして取り上げられています。
 気象条件と時間帯が限られているので、地元でも知らなかったり、見たことがなかったり、知っていても見るタイミングが難しいです。
 ブログを見ていると、その地方でなければ見られないことに出会えたりするので、楽しいものですね。
 
 

りんがむさんへ

 こんばんは、りんがむさん。
 「けあらし」の発生している場所から離れたところからの写真でしたので、その雰囲気がうまく伝わらなかったかもしれません。
 津軽海峡一面に「けあらし」が広がっているときがあります。本当に幻想的な雰囲気です。チャンスがあればと思ってます・・・。
 この海岸でも昔、チリ沖地震の津波が押し寄せたそうです。海岸から海水が引いていって、知らない子供たちは、うにや貝をとったそうです。よく溺れなかったと思います。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。