スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柱状節理

Category : 道南の風景

 函館から恵山へ向かう海岸線は、山が海まで迫る切り立った崖が続いています。

函館から恵山へ向かう海岸

 これらの崖は、玄武岩や安山岩の柱状節理の岩塊でできています。

柱状節理

 この付近は、山全体が柱状節理になっていて、垂直に切り立っていたり、オーバーハング状態になっています。

 これらの崖や島は、「うみう」や「カモメ」など水鳥の繁殖地にもなっています。

垂直に切り立つ柱状節理

 戸井地区と恵山地区の境には、日浦岬があり、岬全体が安山岩の柱状節理でできています。

日浦岬の柱状節理1

 柱状節理は、海の中にまで続いています。

日浦岬の柱状節理2

 この岩場の上には、日浦灯台がそびえたっています。

岩が崩れてくるため今では、立ち入り禁止になっています。柵を越えていってみました。

日浦灯台

 この日浦岬灯台のたもとからは、眼下に柱状節理の岩塊が広がっているのを見ることができます。

日浦岬灯台の眼下に広がる柱状節理1

日浦岬灯台の眼下に広がる柱状節理2

 このような柱状節理は、渡島半島の各地の海岸で見ることができます。

これらの場所では、山全体が柱状節理になっています。

山全体の溶岩が冷えていくときに、溶岩が収縮するためにできた割れ目がこのような形を作り出しています。

この柱状節理の割れ目は、溶岩が冷却するときに、冷却面に垂直に伸びていくそうです。

山全体が柱状節理になっているということは、大昔にそれだけ大規模な溶岩が活動していたことになります。



 

 ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。

         

  

 

スポンサーサイト

テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

Comment

まるで、水晶の結晶みたい!

北海道は、ほんとに、いろんな見所がありますね。
この柱状節理なんか、日本の風景じゃないみたい。
きょうは、久しぶりに、理科でやった地層のところを思い出しました。
厳しい環境だけど、鳥にとって外敵からヒナをまもるにはいいのでしょうね。

見事な柱状節理ですね。
地球の不思議を感じます。
雪はないんですね。

昨日、今日と、とっても寒いです。
明日ももっと寒くなるみたいですね。
東北、北海道は、警報が出ていて、真っ赤になってましたねwww
できるだけ、外には出ずに、おとなしく家にいてあったかくしていてください。
雪かきはしないといけないか・・・
気をつけてくださいね。

とりぶうさんへ

 こんばんは。
 この柱状節理は、こちらでは、いたるところで見ることができます。釣りをやる人は見慣れていると思います。
 柱状節理の崖や島などには、海鳥たちが巣を作って所狭しと並んでいます。
 ねこやひとが近づくことは、ほぼ不可能ですので、鳥たちにとっては楽園かもしれません。

aoikesiさんへ

 こんばんは。
 このあたりの海岸では、急な山全体が柱状節理になっていて、2・3百メートルの崖がみられます。
 下に立つとその威圧感に圧倒されます。また、岩の裂け目に沿って崩れやすいので、落石の危険を感じます。
 ここの灯台にくると、眼下に別世界が広がっていて、昔からのお気に入りの場所です。
 雪が少ないのは、風が強いことと、積雪のわりと少ない地域だからです。

kirarafuuさんへ

 こんばんは。
 函館も風が強くて吹雪きましたが、今はおさまっています。
 台風や低気圧が函館の南側(津軽海峡のほう)を通過するときは、あまりひどくならないのです。
 雪も10センチくらいでした。他の地域はたいへんだったようです。かえって、東北のほうが荒れ方がひどかったようです。
 いずれにしても自然の力はすごいものです。
非公開コメント

FC2カウンター
ブログランキング
応援のクリックをお願いします

FC2ブログランキング

プロフィール

 nanahusi

Author: nanahusi
シラキトビナナフシの飼育日記です!

北海道の道南産のシラキトビナナフシを飼育しています。
オオクワガタ飼育もやってます。

その他、日々気に留めた事も載せてます。

ホームページ 『ナナフシの森』もよろしくお願いします。



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トビナナフシの森
あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。